チャーリー・プース、セレーナ・ゴメスとの恋を回顧 「すごく辛かった」

過去にごく短期間ではあるものの、コラボの相手であったセレーナ・ゴメスと恋仲だったという歌手チャーリー・プース。その彼がセレーナに心を奪われていた時期を振り返り、決して楽しい恋ではなかったと告白、さらにその理由も明かした。

ファーストアルバム『Nine Track Mind』に収録された楽曲『We Don’t Talk Anymore』でセレーナ・ゴメスとコラボしたチャーリー・プースが、このほど『Billboard』のインタビューを承諾。そこでセレーナとの恋を回顧し、このように述べた。

「セレーナとの恋はあっという間に終わったんだ。本当に短期間だったけれど、インパクトのある恋だった。僕はもうボロボロだった。」
「そうだな、つまり彼女が想っている人間は僕だけじゃなかったってこと。僕にも分かっていたんだと思う。自分がどのような状況に陥っているのかね。」

チャーリーは「セレーナが望んでいる相手は自分ではない」と確信し、関係に終止符を打ったそうだ。しかしセレーナと一時でも恋仲になったことやコラボしたことは後悔していないらしく、チャーリーはこうも語っている。

「彼女と仕事ができたのは、本当に喜ばしい経験だった。だから今もこの曲を喜んで歌えるのさ。苦く暗い思いをしたにもかかわらずね。」

当時のチャーリーとセレーナは交際を伏せていたのだが、チャーリーはSNSでセレーナをフォローすることを止め、PVにもセレーナは登場せずじまいに。また2016年に米ダラスでショーを開催した際にチャーリーは
編集部おすすめ

当時の記事を読む

セレーナ・ゴメスのプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「セレーナ・ゴメス」に関する記事

「セレーナ・ゴメス」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「セレーナ・ゴメス」の記事

次に読みたい「セレーナ・ゴメス」の記事をもっと見る

海外セレブニュースランキング

海外セレブランキングをもっと見る
お買いものリンク