メーガンさんなら「ダイアナ妃のようになれる」 英国民が期待する理由

メーガンさんなら「ダイアナ妃のようになれる」 英国民が期待する理由
メーガンさん、ダイアナ妃のようになれるか(画像は『Kensington Palace 2018年2月14日付Instagram「Today was Ms. Meghan Markle’s first visit to Scotland, and she is very much looking forward to returning many times again in the future.」』のスクリーンショット)
今年の春に英ヘンリー王子との結婚を控えているメーガン・マークルさん。そのメーガンさんの王室入りを前に、「新たなダイアナ妃の誕生へ」という声が複数のメディアからあがっている。メーガンさんも憧れていたとされるダイアナ妃だが、今後は王室にて“どのような役割”を担っていくのか。

大変そつがなく賢いメーガン・マークルさんは、厳格で気難しいとされるエリザベス女王との対面にも乗り気。上手に女王の相手をしすっかり気に入られたメーガンさんは、結婚を前にクリスマスの王室行事にも呼ばれるなど、これまでにないような待遇を受けて歓迎されている。

そんなメーガンさんを「Markle Sparkle(マークル・スパークル)」と呼ぶ人もいるほど期待が高まるなか、これまでにメーガンさんが行ってきた善行について改めて注目が集まっている。そのひとつが、昨年世界を震撼させた「グレンフェル・タワー火災」後のメーガンさんの行動だ。70名にも上る死者が発生したこの火災で、メーガンさんは火災現場を極秘で訪問。被害を受けた人々を必死に慰めたというのだ。そんなメーガンさんに心を慰められた人は、こう語っている。

「メーガンさんが何度も訪問してくださり、とても有難い気持ちでした。メーガンさんはすでに私達の心の中では特別な方なのです。」

ヘンリー王子の亡き母・故ダイアナ妃も、ケンジントン宮殿を抜け出してはいくつもの病院を訪問して患者達と交流。またホームレスの人達に声をかけ励ますなどしたといい、その多くが事前に報告することもない行動だったという。またダイアナ妃は12歳だったウィリアム王子をシェルターに同伴させ、「宮殿暮らしなど、決して普通のことではない」と王子に教え込んだというのだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2018年2月22日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「キャサリン妃」のニュース

次に読みたい関連記事「キャサリン妃」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジョージ王子」のニュース

次に読みたい関連記事「ジョージ王子」のニュースをもっと見る

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。