「マクドナルドで会おう」という名のヘアカット 校則で禁止に(英)

「マクドナルドで会おう」という名のヘアカット 校則で禁止に(英)
“Meet me at McDonald’s”ヘアの少年(画像は『Metro 2018年2月22日付「What is a ‘Meet me at McDonald’s’ haircut?」(Picture: Twitter)』のスクリーンショット)
イギリスの学校で、ある髪型が禁止となって物議を醸している。レトロ感漂うその髪型は“Meet me at McDonald’s(マクドナルドで会おう)”と呼ばれており、校長から「違反者は登校を禁止する」という警告が出されたようだ。英メディア『Metro』『The Sun』などが伝えている。

11歳から16歳までの子供たちが通うノーフォークのグレート・ヤーマス・チャーター・アカデミー(Great Yarmouth Charter Academy、以下GYCA)で今月中旬、バリー・スミス校長から保護者宛てに手紙が配布された。その内容は生徒の髪型に言及したもので、校内で容認できない7つの髪型が記載されていた。

モヒカン、髪にラインを入れること、長すぎる髪を禁止するといった項目の中で、保護者から特に注目を集めたのが、“Meet me at McDonald’s”ヘアカットで、違反者は今月26日までに髪型を整えない限り登校を禁止、または他の生徒から隔離するという厳しいものであった。

では“Meet me at McDonald’s”ヘアカットとはいったいどんな髪型なのか?

『Metro』によると名前の由来は定かではないが、サイドは刈り上げ、前髪とトップは長く、パーマでボリュームを出したかのように仕上げられたスタイルのようだ。

スミス校長は「ほとんどの生徒が校則を守っていますが、一部違反者が見られることは残念なことです。学校で避けるべき髪型について質問がある場合は、パワーポイントによるプレゼンテーションを行うこともできます」と綴っている。...続きを読む

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2018年2月24日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。