自死願望の女子高生に近づき教唆とほう助 男子高校生も終身刑か(米)

自死願望の女子高生に近づき教唆とほう助 男子高校生も終身刑か(米)
自殺願望のある者に興味本位で近づく者も(画像は『FOX 13 News 2018年2月20日付「Teen accused of helping Utah girl hang herself found competent for trial」(Image by Mark Johnson, FOX 13 News)』のスクリーンショット)
友人が自殺願望を打ち明けてきた時、「では望み通り死ぬといいよ」などと言って無責任にその背中を押してはならない。もしも自死の方法を指導したり手を貸してしまったら、あなたの人生も“終わり”となることを忘れてはならないのだ。米ユタ州で起きたある少女の自殺に関し、教唆、ほう助を認めた少年についての裁判が始まろうとしている。

ソルトレークシティのメディア『FOX 13 News』ほかが伝えたところによれば、ユタ郡スパニッシュ・フォークのジャンドラ・ブラウンさん(Jchandra Brown)という当時16歳の少女が自殺したのは2017年のこと。彼女が自死願望を示唆していたなか、当時17歳のティレル・プレジビーシエン(Tyerell Przybycien)が「よい方法を教える」として彼女に接近。ジャンドラさんは首吊り自殺を決行し、ティレルはその一部始終をスマートフォンで撮影していた。

ユタ郡保安官事務所はジャンドラさんの遺体をペイソン・キャニオンにあるメープル・レイク・キャンプ場近くで発見。木の枝に垂らしたロープで首を吊っており、現場検証中に現れたティレルは警察官にジャンドラさんの遺体のそばにある携帯電話を確認するよう促した。そこには自殺の一部始終を捉えた10分間ほどの動画データがあり、大きな石の上に立っているジャンドラさんはエアゾール缶のスプレーを吸入すると足元が崩れ、ロープに首が絞まり、帰らぬ人となっていた。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2018年2月25日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。