ジョージア・リフト暴走事故に人災説 リゾート無料利用券配布で幕引きの可能性も<動画あり>

ジョージア・リフト暴走事故に人災説 リゾート無料利用券配布で幕引きの可能性も<動画あり>
ジョージアのスキー場でリフトが暴走する事故 しかし政府は…!?(画像は『WDBJ7 2018年3月16日付「Ski-lift failure in Georgia sends people flying into the air」(CBS News/WTKR)』のスクリーンショット)
スキーのリフト(チェアリフト)がまさかの暴走をみせ、降りる場所(ターミナル)まで進んでしまったスキーヤーは遠心力で激しく振り落とされた。考えるだけでも恐ろしいリフトの事故がジョージア(旧国名グルジア)で16日に発生し、その様子は動画やニュースで世界に伝えられている。事故の原因について様々な調査が必要と思われるなか、そのスキー場は事故直後から営業を再開していたもようだ。

恐ろしいリフトの逆走・暴走事故が起きたのはコーカサス山脈の一部で、ロシアとの国境付近に位置するジョージア・グダウリの「Gudauri Ski Resort」というスキー場。チェアリフト1基がある時から逆走して異常な高速に転じ、スキーヤーが次々と振り落とされ、猛スピードでターミナルを回転するとロープからはずれてしまったリフトが激しい音を立て次々と折り重なった。そこに衝突する方が危険だとして、人々は後続のリフトに座っているスキーヤーにある程度の低さまで来たら飛び降りるよう指示。悲鳴や怒号が飛び交う緊迫した現場の様子を捉えた動画はYouTubeにも多数投稿され、世界のメディアが大きく伝えた次第である。

その後、事故の原因に関しては「オペレーターがマシンを誤って逆回転させ、するといきなり通常の2倍の速度になった」との目撃情報があがってきたとして、ロシアのメディア『Pravda Report』は“人災の可能性が極めて高い”と報じている。また「停電が起きていた」との情報もあるようだ。ただしケーブルやブレーキの異常など様々な原因が考えられるため、このリゾートの開発にあたった「マウンテン・リゾート・デベロップメント・カンパニー(Mountain Resorts Development Company)」はスキーリフトを製造した「ドッペルマイヤー・ガラベンタ・グループ(Doppelmayr Garaventa group)」に連絡。詳しい原因について調べていると説明された。...続きを読む

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2018年3月18日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。