3メートルの巨大ワニが病院入口をブロック(ジンバブエ)

野生動物に人間が殺害される事故が多いジンバブエは、昨年だけで21名がワニに殺されている。それだけワニに対する恐怖心が強い地域で突然ワニが現れたら…。ジンバブエ西部、炭鉱の町ホワンゲ(Hwange)で巨大ワニが病院の入口に2時間も居座り、住民を恐怖に陥れた。

ジンバブエ政府発行の『The Chronicle』によると3月20日の夜7時、タクシー運転手がセント・パトリックス病院の入口で巨大ワニを発見した。その後、同じ場所で3メートルはあるかと思われるワニを目撃しパニックになった住民が、同地域の地方委員会役員に相次いで電話をかけた。

役員のテンバ・トゥマ氏は当初、「水辺から遠い病院の入口にワニがいる」という通報はいたずらだろうと思っていたが、電話は5分間で10件にものぼったためジンバブエ国立公園・野生動物保護庁(ZimParks)や消防救助チームに応援を求めた。

トゥマ氏によると、住民の中には「呪術好きな人が手順を間違えて、怒り狂った巨大ワニを病院前に呼び出したのだろう」と本気で言う人もいたようだ。また「アフリカではワニに襲われた人間が生き延びた場合、ワニは人間が死ぬまでどこまでも追いかけてくるという言い伝えがあるので、きっとこのワニはその“誰か”を探して病院までやってきたのでは?」と疑う人もいたということだ。

2時間ほど病院入口に居座り、患者の立ち入りを阻んでいたワニはその後、ZimParksの職員によって殺処分された。幸いにもけが人はいなかったという。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年3月24日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。