12時間の激務でトイレにも行けず 尿路感染症を患った助産師が解雇に(英)

助産師としてキャリア16年の女性が、ある病院で1年に14日病欠したことが原因で「休みが多すぎる」と産婦人科病棟から解雇を言い渡された。激務の上に出産病棟にはスタッフ用のトイレもなく感染症になってしまった助産師は、スタッフ不足を度々組合に訴えていたという。英メディア『SWNS』『real fix』などが伝えている。

英ウェスト・ヨークシャーのウェイクフィールドに住むジェーン・グリーヴスさん(46歳)は3月15日に、ピンダーフィールズ病院での仕事を解雇された。

1997年に看護師の資格を取得し2002年から助産師として働いてきたジェーンさんは、同病院が2016年9月に開設した出産病棟で職務にあたっていた。しかし病棟にはスタッフ用の休憩室やトイレもなく、スタッフはトイレに行きたければ歩いて2分の場所にある別の病棟まで行かなければならない。ジェーンさんが働き出した頃は、出産病棟には3人の助産師と2人のヘルスケアスタッフがいた。ところが現在は助産師2人と1人のヘルスケアがいるのみで、1人あたりの仕事量が増え、トイレに行く時間もままならないという。ジェーンさんはその激務について、このように明かしている。

「スタッフは無給ですが1時間だけ休憩時間を与えられます。ですが仕事が詰まっているので、1時間も休憩できることはごく稀です。スタッフ用のトイレもないし、12時間の勤務中はトイレに行く暇がありません。妊婦さんがいきんでいる手いっぱいの時に、『ちょっとトイレ』なんて言えるわけありませんから。」

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年3月30日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。