無念にもタネあかし デヴィッド・カッパーフィールド・ショー参加客が重傷を負った事件で

無念にもタネあかし デヴィッド・カッパーフィールド・ショー参加客が重傷を負った事件で
米スーパー・マジシャンのデヴィッド・カッパーフィールド裁判で無念のタネあかし(画像は『NBC News 2018年4月24日付「David Copperfield forced to reveal secret behind illusion in Las Vegas courtroom」』のスクリーンショット)
世界の人々が認める元祖スーパー・マジシャンで、孤高のイリュージョニストと呼ばれているデヴィッド・カッパーフィールド。『Forbes』誌に“史上もっとも商業的に成功したマジシャン”として認められ、2度も「マジシャン・オブ・ザ・イヤー」に輝いた人物だが、その彼が今は気難しい顔で裁判所に出廷する“被告人”となっている。彼のマジックショーは会場の客をどんどん参加させることで有名だが、それがあだとなり、イギリス人男性に重傷を負わせて訴えられていたのだ。今月中旬から、ついにその裁判がスタートしていた。

裁判を起こしたのは、イギリスでシェフをしていたギャビン・コックスさん(58)。2013年11月12日、ラスベガスのホテル「MGMグランドホテル&カジノ/ハリウッドシアター」でロングラン開催されていたデヴィッド・カッパーフィールド(現在61歳)のマジックショーを堪能していた。ところがハイライトとなる「Lucky #13」というプログラムに参加したところで重傷を負い、救急搬送のうえ治療を受けたものの重い後遺症が残ってしまった。

そのプログラムは、客席に向かって投げ放たれた13個のボールを受け取った13名がステージに上がるとカーテンが閉じ、開けると誰もおらず客席の後方から現れるという人気のイリュージョンであった。門外不出のトリックであっただろうが、訴えられてしまった以上タネを明かさないわけにはいかない。「あくまでも偶発的な事故であり、トリックに落ち度はない」という考えからタネ明かしはしないと拒んできたデヴィッドおよびエグゼクティブプロデューサーのクリス・ケナー氏であったが、判事はその陳情を却下した。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年4月26日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。