認知症介護施設にペンギンがやって来る セラピーアニマルとして患者も笑顔に(英)

今や犬猫だけでなくハムスターや豚、七面鳥にアルパカ、さらにはクジャクまで多くの動物がセラピーアニマルと称されているが、このほど英オックスフォードシャー州でペンギンがセラピーアニマルとして介護施設を訪れたという。英メディア『real fix』『Oxford Mail』などが伝えている。

4月26日、オックスフォードシャー州バンプトンにある認知症介護施設「Rosebank Care Home(ローズバンク・ケアホーム)」に、とても可愛らしい訪問者があった。施設スタッフが同州チッピング・ノートンにあるヘイスロップ動物園の協力を得て、特別に飼育された2羽のペンギンを“セラピーアニマル”として迎え入れたのである。

ヨチヨチと歩くキュートなペンギンを抱っこしたり撫でたりできた入居者や来訪した家族らは大喜びで、施設内は多くの笑顔で満たされた。こうしたイベントは同施設では初めての試みであり、またペンギンをセラピーアニマルとして迎えた介護施設としても初めてとなった。施設のオーナー、ジェーン・ロバーツさんはこのように話している。

「施設には多くの家族が入居者に会いに来られるので、みんながペンギンと触れ合える場を持てたことを嬉しく思っています。認知症の患者たちはペンギンを見て、素晴らしい反応をしてくれました。ペンギンは本当に可愛くて、膝の上にちょこんと乗る姿がとても愛らしいのです。2羽のペンギンは多くの喜びと笑いを届けてくれました。私たちは特別認知症介護施設として、入居者に様々な経験をしてもらうため常に革新的な方法を求めています。このようなイベントを行うことで認知症の患者たちに楽しみや目的意識を持つようになってほしいと思っています。」

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年5月2日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。