まるでシュレック! セルフタンニングで全身“緑”になった女性(英)

まるでシュレック! セルフタンニングで全身“緑”になった女性(英)
セルフタンニングで肌の色がとんでもないことに(画像は『Metro 2018年5月4日付「Woman left looking like Shrek after her fake tan went seriously wrong」(Picture: Kennedy News and Media)』のスクリーンショット)
これまで使用していたセルフタンニングの色では十分な日焼け感が出せないと、このほど更に濃い色を使用した女性。ところがとんでもない結果を招く事態となってしまった。『Mirror』『Metro』などが伝えている。

英ノッティンガムに住むダニー・ブルースさん(20歳)はこの4年間、毎月セルフタンニングをしており“フェイク・タンニング”に慣れた経験を持つ。しかし今まで使用していた「St Moriz(セント・モリッツ)」社の商品は明るめの色で十分な日焼け感が出なかったため、今回は同じメーカーの「Darker than Dark」という3.99ポンド(約590円)のムースを試すことにした。

念のためにパッチテストをしたダニーさんだったが、その時メイクをしていたこともありすぐに洗い流した。そして本格的にそのムースでセルフタンニングを試みた時、5分ほどして皮膚が奇妙な色に変化していることに気付いたが、同居人が浴室を使用していたためにダニーさんはすぐに洗い流さなかった。その結果、ダニーさんの全身は濃い緑色に変わってしまったのである。

「激怒するしかなかったわ。鏡を見たら胸全体が緑色になっていたから。同居人の誰にもこんな姿を見られたくなかったから、バスローブのフードを頭に被って袖で手を隠していたの。ソーシャルメディアで緑色になった手の写真をシェアしたら、すごい反響で驚いたわ。朝起きても30人ほどからメッセージがあり、『他の写真はないのか』って聞かれたりもしたのよ。長い間話していなかった身内でさえも、この投稿を知って私に連絡してきたほどよ。」

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2018年5月7日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。