初デート後、男性に65,000回のメールを送ったストーカー女が逮捕(米)

初デート後、男性に65,000回のメールを送ったストーカー女が逮捕(米)
一日500回ものメールを初デートの相手に送り続けた女(画像は『CNN 2018年5月11日付「She went on one date - ONE DATE -- and then bombarded him with 65,000 text messages, police say」』のスクリーンショット)
デートアプリで初デートをした男女。しかしうまくいかず、男性は相手と再び話す気にはならなかった。ところが女は男性に異常なまでの執着を見せ、常軌を逸した行動に出るようになった。このほど米メディアは逮捕された女への取材を試みたが、その様子からは明らかな異常性が感じられる。『CNN』『ABC15 Arizona』『Arizona’s Family』などが伝えた。

米アリゾナ州フェニックスのジャクリーン・アデス(31歳)は2017年7月、大富豪と知り合うことができるデートアプリを通じてパラダイスバレーに住むビジネスマンと初デートをした。しかし結果はアデスの望むようにはならなかった。

男性はアデスへの興味がないことから、「もう君とは話をすることもない」と伝えていたという。しかしアデスは男性の携帯電話に何度もメッセージを送った。その数は一日およそ500通に上ったが、その異常な行動はほんの序章に過ぎなかったようだ。迷惑メールを何度も送りながら、アデスは男性宅前に車を停めるなどストーカー行為にも出た。男性に通報され警察から警告を受けたにもかかわらず、アデスの嫌がらせ行為はますます悪質なものになった。メールの内容は脅迫めいたものも含まれており、昨年12月に再び男性は通報したが、警察ではアデスの居場所を掴むことができなかった。

ところが今年4月8日、男性からの3度目の通報で警察はついにアデスを逮捕した。パラダイスバレーにある男性宅にアデスが不法侵入したのである。男性は当時、米国におらず海外から自宅の防犯カメラをチェックしていた。その時アデスが映り込んだのを見た男性はすぐに警察へ通報、駆けつけた警察は男性宅で入浴中のアデスを発見した。アデスの車の助手席には、肉切り包丁が置かれてあったという。その後釈放されたアデスだが、男性への嫌がらせメールは止むことがなかった。まるで男性の殺害を予告するかのような脅迫メールを含むメッセージは合計約65,000通にも上った。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2018年5月15日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。