「愛する妻の命を救いたい」自分の腎臓と大事な車を差し出す覚悟の男性(米)

「愛する妻の命を救いたい」自分の腎臓と大事な車を差し出す覚悟の男性(米)
愛する妻のために、肝臓ドナーを募る夫(画像は『Verlon Harley Robinson 2018年5月11日付Facebook「Hello all my Facebook friends just wanted to touch bases have not found a donor yet but lots and lots of interest thank you for what you guys are doing keep the word going and God bless you and good night」』のスクリーンショット)
この世で一番大事な人が病気でこの世からいなくなりそうになる時、人はどうするだろうか。このほどアメリカから自分の大事にしている物と引き換えにしてまでも、愛する妻の命を救いたいという男性の切ない話が飛び込んできた。『Fox News』『New York Post』『PEOPLE.com』などが伝えている。

米カリフォルニア州サンガーに住むバーロン・ロビンソンさん(Verlon Robinson、55)が今月、Facebookに投稿した内容が人々を切ない思いにさせている。そこにはバーロンさんの妻のマリーさん(Marie、61)が2015年に肝硬変と診断され、現在は移植手術が必要ということが綴られていた。

肝硬変は病状が進行してしまうと、ほとんどの場合は元の健康な肝臓には戻らない。そしてマリーさんの肝臓は一刻も早く移植が必要な状態であるにもかかわらず、3年前に登録した待機リストにはドナーを待つ患者が18,000人もいる状態だった。

バーロンさんはマリーさんの肝臓と適合しないためドナーにはなれず、妻の命を救いたい一心でFacebookにこのように吐露した。

「私達は結婚して25年間一緒に過ごしてきました。妻を失ってしまうことを考えると胸が張り裂けそうになります。もし私が彼女に代われるものなら何だってするのに…。しかし皆さんもご承知の通り、それは不可能です。お願いです! もし、あなたがO型陽性かO型陰性の血液型であれば彼女に肝臓の一部を提供してもらえませんか。手術は全て保険で賄われます。追伸:私は健康な腎臓を持っていますので、一つは提供することもできるでしょう。」...続きを読む

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2018年5月16日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。