自立しない30歳息子に両親、裁判所に訴え「家から出て行ってくれ!」(米)

自立しない30歳息子に両親、裁判所に訴え「家から出て行ってくれ!」(米)
両親に訴えられた30歳息子(画像は『PEOPLE.com 2018年5月22日付「Parents Successfully Sue to Get Their 30-Year-Old Son to Move Out」(CNY Central News)』のスクリーンショット)
8年間も実家に居候し続けた息子に堪忍袋の緒が切れた両親。何度も自立を促し家から出て行くよう求めるも、息子は拒否し続けた。最後の手段として両親が取った行動は、裁判所に訴え出ることだった。『syracuse.com』『ABC7 Eyewitness News』『PEOPLE.com』などが伝えている。

米ニューヨーク州シュラキュースのカミラスに住むマーク・ロトンドさんと妻クリスティーナさんは、30歳の息子マイケル=ジョセフさんが8年も実家で居候していることに悩んでいた。

マイケルさんは8年前に失職して実家に帰って来てからというもの、両親に生活費を入れることや家事や雑用などを手伝うこともなく寝室を占領し続けた。そこで両親は自分たちと口を利こうとしない息子に、2月2日から3月30日までの間、5回にわたり書面にて家を出て行ってほしい旨を伝えた。それぞれの書面の内容は概ね下記の通りである。

「お前の母親と話し合い決めたことだ。今すぐこの家を出て行ってもらいたい。出て行くまで14日の猶予を与える。もう実家には戻って来るな。お前が出て行かないのなら法的措置を取り強行手段も辞さない。」

「直ちにこの家からの退去を求める。お前はこれまで長いあいだ実家に居座っているが、私たちの同意や契約なしにお前がここに住む権利はどこにもない。もし3月15日までに出て行かなければ、法的強行手段を取る。妨げとなる行為は脅迫もしくは嫌がらせと解釈する。」...続きを読む

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2018年5月26日の国際総合記事
「自立しない30歳息子に両親、裁判所に訴え「家から出て行ってくれ!」(米)」の みんなの反応 1
  • 茹でガエル 通報

    実家に居座り、結婚も満足な仕事もせず、お家断絶間近なお家は日本にたくさんあるよ。ウェブビジネスを展開しているなら、さっさと家を出て本気の人生を送ればいいのにね。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。