母、姉、祖母が18歳少年を虐待死 遺体は「強制収容所の犠牲者のよう」とも(英)

母、姉、祖母が18歳少年を虐待死 遺体は「強制収容所の犠牲者のよう」とも(英)
18歳少年を家族3人で虐待死させる(画像は『Mirror 2018年6月7日付「Boy, 18, ‘left to rot to death by his mum, sister and gran - died weighing less than 6st’」(Image: SWNS.com)』のスクリーンショット)
あまりにも酷い虐待のニュースがイギリスから届いた。2016年6月に餓死状態で死亡した18歳少年の虐待に関わったとして、このほど母と祖母、姉の3人が裁判所に出廷したが、3人は容疑を否認しているという。『Mirror』『Daily Record』『BBC News』などが伝えている。

6月7日、英ウェスト・ヨークシャー州のリーズ刑事法院で行われた裁判で、今からちょうど2年前に起こった悲惨な虐待事件の全貌が明らかとなった。

2016年6月30日、リーズのファーンリーでジョーダン・バーリングという18歳少年が死亡した。死因は心停止だったが、栄養失調で動けなくなって感染症を起こし、急性気管支肺炎が原因となったものとみられている。ジョーダンさんは長年にわたり母ドーン・クランストン(45歳)と祖母デニース(70歳)、姉アビゲイル・バーリング(25歳)から虐待を受けていたようで、死亡時は体重が37kgほどに痩せ細っており汚れたオムツをはかされていたという。

ジョーダンさんの父スティーヴンさん(51歳)は、ジョーダンさんが小学生の頃にドーンと別居していた。以降、息子が10代半ばになるまで疎遠だったが、2015年のクリスマス前に久しぶりに息子に会いに行き、その変わりように驚いた。父によるとがっしりとした体格だったジョーダンさんは、痩せて顔色が青白く具合が悪そうに見えたという。スティーヴンさんの身内もジョーダンさんが亡くなる半年ほど前に会っているが、「とても具合が悪くやつれていた。息をするのが精一杯な様子だった」と話している。...続きを読む

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2018年6月12日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。