給料未払いで働く臨時教師に生徒らがとっておきのサプライズ(ブラジル)

給料未払いで働く臨時教師に生徒らがとっておきのサプライズ(ブラジル)
生徒らのサプライズに涙ぐむ教師(画像は『Reshareworthy 「Students Surprise Unpaid Teacher After They Learn He Is Living At The School」』のスクリーンショット)
普段から生徒のことをしっかりと見ている教師というのは、たとえ臨時教師であっても生徒からの信頼も厚く、日々深い絆を育んでいるのだろう。先月にブラジルのとある学校で感動的なサプライズがあり、その様子がFacebookに投稿されるとたちまち拡散した。『Reshareworthy』『LittleThings』『Sunny Skyz』などが伝えている。

ブラジル北西部で教師をしているブルーノ=ラファエル・パイヴァさんは、産休を取っている教師の代理で2か月半だけセアラー州ブレージョ・サントにある専門学校「Balbina Viana Arrais」へと赴任してきた。しかし代理教師となる申請手続きはブラジルでは非常に複雑で対応が遅れていたこともあり、ブルーノさんの名は給与支払い名簿に記載されず2か月半の給料が未払いとなっていた。

家族は約80キロ離れたクラトに住んでおり、経済難に陥ったブルーノさんは1人でブレージョ・サントで生活することができず、学校で寝泊まりをする生活を強いられていたのだ。大好きな教師の生活苦を知ったクラスの生徒らは、なんとかしてブルーノさんの苦境を救おうと思い立った。そして5月15日、いつものようにブルーノさんが教室に入ってくると生徒らは教壇の横に置かれていた机の小箱を開けるようブルーノさんに告げた。

小箱を開けたブルーノさんは、そこに400レアル(約12,000円)が入っていることに驚き、「嘘だろう!? どうやってこのお金を集めたんだ?」と尋ねた。実は生徒らはブルーノさんに内緒で学校でチョコレートを売って小銭を稼いだり、多くの人にラッフル(チャリティーのためのくじ)を購入してもらったりしてお金を集めたのだ。予想もしなかったギフトを貰ったブルーノさんは、感極まり言葉を失った。生徒らから拍手されるとブルーノさんは教壇の真ん中に立ち、静かに涙をこぼした。それを見た生徒らは、一斉に立ち上がりブルーノさんのもとへ駆け寄りハグをした。多くの生徒からのハグは、まさに彼らの愛情そのものであった。...続きを読む

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2018年6月12日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。