「入居者を虐待する介護職員にもっと厳しい処罰を」母親を虐待された家族の悲痛な願い(英)

「入居者を虐待する介護職員にもっと厳しい処罰を」母親を虐待された家族の悲痛な願い(英)
施設で虐待を受けていた71歳の女性(画像は『Mirror 2018年6月10日付「Care home workers brutally abuse elderly Alzheimer’s victim in upsetting footage caught on spy camera」(Image: Featureworld.co.uk)』のスクリーンショット)
施設に暮らす高齢者や介助が必要な人にとって、介護士は唯一頼れる存在だろう。しかし介護施設のスタッフが入居者を虐待するという悲しいケースはあとを絶たないようだ。このほどイギリスで、入居した母親が虐待・介護放棄されたとして娘3人が監視カメラを設置してその様子を捉えた。英メディア『Mirror』『Metro』などが伝えている。

ノッティンガムシャー州ジャックスデールで、Farrington Care Home Ltd.(ファーリントン・ケアホーム株式会社)が運営する介護施設「ブルックサイドハウス」に入居していたジョーイ・ルイス(71歳)さんが、介護スタッフ3人から虐待を受け、介護放棄されたとして家族が警察に訴えた。

アルツハイマーとパーキンソン病、糖尿病を抱えるジョーイさんに残酷な仕打ちをしていたのは、レベッカ・キング(32歳)、テリーサ・カッツ(50歳)、ジョアン・ハードスタッフ(39歳)で、虐待や介護放棄の事実はジョーイさんの娘らが室内に設置した監視カメラにより明らかとなった。

ジョーイさんは2017年2月からブルックサイドハウスに入居した。もともと親族のひとりが入居していたこともあり、娘らは母親のためにこの施設を選んだ。しかし入居してわずか2週間後に、娘は母の涙を見ることとなった。末娘のケリー・ルイスさん(34歳)は当時の状況をこのように語っている。

「母から、スタッフが自分のことを嫌いだと言っていると聞かされたんです。他の入居者にも近付かないようにさせられているって。母を介護しているスタッフ3人に問い詰めたら『少し困惑されているようですが、大丈夫ですよ』と言われただけでした。でも訪問するたびに母の状態は悪化していったのです。両手首には痣ができて、床ずれもひどい状態でした。姉が監視カメラを設置した方がいいと提案してきたので、時計に見せかけたカメラを購入しました。」...続きを読む

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2018年6月13日の国際総合記事
「「入居者を虐待する介護職員にもっと厳しい処罰を」母親を虐待された家族の悲痛な願い(英)」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    日本は犯罪者にとって、最高に優しい国家なんです。憲法を見れば、中国や北朝鮮にとって優しい憲法なんです。日本・日本人相手には何をしても命を失う事は無いですから。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。