米歌姫ケイティ・ペリー(33)との復活愛が話題の英俳優オーランド・ブルーム(41)が、このほど豪女優ケイト・ブランシェット(49)と共に人気番組に出演。そこである大ヒット映画を撮影中に「実はケイトに夢中になっていた」と明かした。


このほどオーランド・ブルームが『The Late Late Show with James Corden』に出演し、映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズにて共演した「オスカー女優ケイト・ブランシェットに対する第一印象はどうでしたか」との質問に応じ、こう語った。

「ああ、もう僕ときたらケイトにメロメロになってしまって…。そう、君(ケイト)にこれまで経験したことがないほど夢中になっていたんだ。」
「僕は部屋を歩きまわり、君の様子を見ていたんだよ? 気持ち悪がられない程度に、部屋の隅からね。」

この突然の告白に、ケイトは度肝を抜かれたもよう。「それはあなたが演じたキャラクターのことでしょう」と突っ込んだが、オーランドは引かず「いや違う」「この僕が君に恋していたんだ」と明かしている。

「でも当時の私はほら、110歳くらいだったっけ?」

そのようなジョークで返したケイトだが、当時はオーランドのことを「ドラマスクールを出たばかりの可愛い子」程度に思っていたとのこと。残念ながら「実は私も好きでした」という展開にはならなかったようだ。


ちなみにケイトは大変謙虚な女性で、2016年には「この美はイリュージョン」「全ては美容スタッフの皆様による努力の賜物よ」とコメント。米誌『People』の「最も美しい50人」の1人に選出されたこともあるが、「キレイに見えるとしたら幻影のようもの。普段は鏡も見ない」と告白している。そんな驕らない性格も、彼女の魅力のひとつかもしれない。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)