「親が僕の嫌いなサラダを出した」12歳少年が911へ緊急通報(カナダ)

「親が僕の嫌いなサラダを出した」12歳少年が911へ緊急通報(カナダ)
ノヴァスコシア警察の公式Faebookに投稿されたメッセージ(画像は『Royal Canadian Mounted Police in Nova Scotia 2018年6月14日付Facebook「Dislike for salad results in 911 call.」』のスクリーンショット)
日本では110番にダイヤルするのは緊急事態の時だと誰もが知るところだが、中には苦情や相談めいたもの、または悪戯などの電話を受けることもあるという。このほどカナダで、12歳の少年が「サラダが嫌いだ」と911に通報したことが話題になっている。『CBC.ca』などが伝えた。

ノヴァスコシア州ハリファックスで今月12日の夜10時前頃、911に12歳少年から緊急通報があった。少年は「親が僕の嫌いなサラダを食卓に出すんだ」と切実に訴えてきた。通報を受けたノヴァスコシア州王立カナダ騎馬警察(RCMP:Royal Canadian Mounted Police)の警察官はこの時、少年に緊急ダイヤルの適正な使い方を指導するための良い機会だと判断し出動することにした。

警察官が少年の自宅に向かっている最中、彼から2度目の通報があった。今度は「いつ到着するの?」という問いかけの連絡だった。そして再び自分がどれだけサラダが嫌いかを訴えたという。彼にとってサラダは本当に脅威だったのだろう。

しかし到着した警察官はサラダに対しての処置はなく、少年とその両親に対して緊急ダイヤルに連絡する際は非常事態の時だけだということを懇々と説明した。RCMPのダル・ハッチンソン巡査(Dal Hutchinson)は「今回のことが彼にとって学ぶ良い機会となったことでしょう」と話している。

一方で少年の両親は、今回の通報で駆けつけた警察官に対し「なんて大袈裟な…」といった対応で我が子がしたことに対して悪びれる様子がなかったという。ハッチンソン巡査によると、ノヴァスコシアの911には間違い電話や緊急ではないものが毎日のようにかかって来るそうだ。巡査はこのようにも話している。...続きを読む

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2018年6月24日の国際総合記事
「「親が僕の嫌いなサラダを出した」12歳少年が911へ緊急通報(カナダ)」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    …で、そのサラダはどうなった?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。