Leola「一瞬で心が海へ」 Blue Vintage『IVORY』リリースに、アーティストからコメント続々

Leola「一瞬で心が海へ」 Blue Vintage『IVORY』リリースに、アーティストからコメント続々
「Blue Vintage」の初E.P『IVORY』
       
J.SpeaksとTaigaからなる2人組バンド「Blue Vintage」の自身初となるE.P『IVORY』が、7月4日にリリースされた。これを記念して『IVORY』の特設サイトがオープン。収録曲全曲を試聴できる同サイトに、彼らの音楽を支持するアーティストたちがコメントを寄せている。

Blue Vintageは、フィリピンで生まれサイパンやハワイで暮らし、日本人離れした歌唱力が魅力のヴォーカルJ.Speaksと、音楽業界に関わる父を持ち、ギターと共に人生を歩んできた生粋のギタリストTaigaの2人組。初のE.Pのタイトルは、どんな音楽の色にも染まる白(ホワイト)、しかしながら海や自然を喚起させる音楽性やテクスチャーも相まって『IVORY』に決定した。


『IVORY』のリード曲『渚のハニー』は、夏にぴったりのアッパー・チューン。BTS、AI、三浦大知などを手がけるUTAがプロデュースした曲で、海でもライブでも盛り上がること間違いなしだ。その他の楽曲は、トータルセールスCD 6000万枚・配信1億DL超えのクリエイティブチーム「Tiny Voice」がプロデュースしている。

YouTube再生回数が30万回を超え、視聴者から「涙が止まらないや」「めっちゃいい曲。本当に感動しました」と好評の話題曲『名前を呼んで』も収録されているが、収録曲6曲をすべて試聴できる『IVORY』特設サイト(http://bluevintage.jp/ivory/)がオープンした。そこには彼らを支持するアーティストがコメントを寄せている。一部を抜粋して紹介すると、以前からBlue Vintageと親交の深いTEEは「その音楽を初めて聞いたあの瞬間から僕は彼等の虜です。」、Micro(Def Tech)は「Blue Vintageのフィールドに持ち込まれちゃった音楽はすべてGood Musicになっちゃうからアーティストとしてはほんとずるいなあ(笑)って心底思う。」と称賛した。そして彼らの音楽が好きだというKURO(HOME MADE 家族/eNBAND)は「まるで一夏の喜怒哀楽を詰め込んだような一枚。」と『IVORY』を表現し、

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年7月5日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。