家族思いのシャーロット王女、弟ルイ王子の洗礼式でパパラッチを牽制

家族思いのシャーロット王女、弟ルイ王子の洗礼式でパパラッチを牽制
弟思いのシャーロット王女、パパラッチも怖くない!(画像は『Kensington Palace 2018年7月10日付Instagram「The Duke and Duchess of Cambridge, Prince George, Princess Charlotte, and The Duke and Duchess of Sussex arrive for the christening of Prince Louis at the Chapel Royal」(PA)』のスクリーンショット)
ウィリアム王子夫妻の次男ルイ王子の洗礼式が、現地時間9日に行われた。そのキュートな魅力で毎回主役の座を奪ってしまうシャーロット王女だが、弟の洗礼式でも注目を独り占めしてしまったようだ。この日、報道陣に向かって放った王女の一言が「さすがの貫禄」「ただものじゃない!」と話題を集めている。

シャイでのんびり屋の長男ジョージ王子とは対照的に、活発で聡明、そして「兄よりもシッカリ者」とエリザベス女王からお墨付きをもらっているシャーロット王女。ルイ王子の誕生前には姉となることを心待ちにしながら、自分のオモチャや人形をきょうだいに見立てて遊んでいたという。

4月のルイ王子誕生時は2歳だったシャーロット王女だが、弟と対面するため病院を訪れた際にはカメラに向かい微笑みながら完璧な“ロイヤルウェーブ”を披露するなど、そのキュートさと王室メンバーであることを自覚した行動が話題を呼んだ。

そんなシャーロット王女は現地時間9日、セント・ジェームズ宮殿にあるチャペル・ロイヤルにて行われた弟ルイ王子の洗礼式にももちろん出席。フラワープリントのドレス&リボンが付いたカチューシャ、そしてシューズまですべてブルーに統一された爽やかなコーディネートで登場し、普段は右目の上あたりで分ける前髪はセンターに分け目を変えたアレンジで、大人っぽい印象が加わっていた。

5人勢揃いしたファミリーを捉えようと多数の報道陣が待ち構えるなか、父ウィリアム王子と手を繋ぎながらチャペルへと入っていくジョージ王子&シャーロット王女。目を逸らしつつ足早に立ち去ろうとするジョージ王子であったが、シャーロット王女は大きな瞳でパパラッチを見据えていた。そして王女は、こんな一言を発したのである。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2018年7月12日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「キャサリン妃」のニュース

次に読みたい関連記事「キャサリン妃」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ヘンリー王子」のニュース

次に読みたい関連記事「ヘンリー王子」のニュースをもっと見る

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。