91歳の飲酒ドライバー、法廷で「もう車は運転しません」(英)

91歳の飲酒ドライバー、法廷で「もう車は運転しません」(英)
91歳の女、国内最高齢の飲酒運転者か(画像は『Mirror 2018年7月9日付「Pensioner, 91, becomes Britain’s ‘oldest drink driver’ after crashing high-spec Audi A3 into lamppost」(Image: Eastnews Press Agency)』のスクリーンショット)
まだまだ元気な高齢者も多いが、年とともに耳が遠く目も見えにくくなり感覚が鈍る状態での運転はやはり危険極まりない。アクセルとブレーキを踏み間違えるという一瞬の誤りが、他人を巻き込む事故を引き起こすこともある。このほどイギリスで、運転歴76年という91歳の女があろうことか飲酒運転による衝突事故を起こした。幸いにも他人が巻き込まれることはなかったが、女は法廷で「もう二度と車を運転しない」と誓ったという。『Mirror』『The Sun』などが伝えている。

エセックス州ウェスト・マーシー在住のポーリーン・ホリガン(91歳)は6月3日の午後8時15分頃、同州コルチェスターをアウディA3スポーツバックで走行中、車止めポールと街灯柱に衝突する事故を起こした。現場に駆けつけたコルチェスター警察がポーリーンにアルコール検知器で2度にわたり検査をしたところ、呼気100ミリリットル中のアルコール濃度が47マイクログラムで、法定限度の35マイクログラムを超えていることが明らかとなった。ポーリーンは逮捕され同警察署へと連行されたが、警察の指示に素直に従い、酔ってコントロールを失ったと供述したという。

7月9日、コルチェスター治安裁判所で行われた裁判に出廷したポーリーンは、飲酒運転を認めた。76年の運転歴を持つポーリーンは、これまで事故を起こしたことがなく裁判に出廷したこともなかったという。弁護人は法廷でポーリーンが書いた反省文を判事や裁判官に手渡し、「被告は今回の件を深く反省している」と述べた。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2018年7月14日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら