離陸前の飛行機から逃げ出し、砂漠で6日間生き延びたダックスフント(チリ)

離陸前の飛行機から逃げ出し、砂漠で6日間生き延びたダックスフント(チリ)
砂漠で6日間生き延びた犬、飼い主の女性と(画像は『Metro 2018年7月12日付「Miracle dog survived being in the desert for six days after falling out of aeroplane」(Picture: CEN)』のスクリーンショット)
チリでこのほど、離陸前の飛行機から犬が逃げ出すというアクシデントが起こった。犬は6日間も砂漠を彷徨うも、無事に発見されたという。『Metro』などが伝えている。

南米チリのアンデス山脈と太平洋の間に位置するアタカマ砂漠で、ダックスフントの“ガスパル”(2歳)が6日間彷徨った後、奇跡的に救出された。

飼い主であるジャニス・キャヴィエレスさんはチリ北部のイキケにどうしても先に向かわねばならない予定があり、親友のリジア・ガラードさんに「後からガスパルを一緒に連れてきてほしい」と頼み、飼い犬を託した。

後にリジアさんはガスパルと一緒に飛行機に乗り込み、サンティアゴからイキケに向かった。ガスパルはペット用キャリーに入れられて貨物室の中にいたが、離陸前にキャリーが落下しその衝撃で壊れた。驚いたガスパルは、パニックになって走り回り機内から逃げ出してしまったのだ。

そんなことなど全く知らず、イキケに到着したリジアさんは空港で空のキャリーを見て愕然としたが、航空会社職員からガスパルが逃げてしまったことを聞くとすぐにジャニスさんに連絡した。ジャニスさんはガスパルの行方を追跡しようとソーシャルメディアを通してローラー作戦を試みたほか、航空会社と地元陸軍が人員と車を提供して大掛かりな捜索を行った。地元メディアによると、アタカマ砂漠で犬を目撃したという情報が数回あり、砂漠近辺での捜索が懸命に行われた結果、6日後にガスパルは奇跡的に生存した状態で発見された。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2018年7月14日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら