「順番がなかなか回ってこずキレた」高さ約10メートルのウォータースライダーから8歳男児を投げ落とした18歳逮捕される(米)

「順番がなかなか回ってこずキレた」高さ約10メートルのウォータースライダーから8歳男児を投げ落とした18歳逮捕される(米)
ウォータースライダーから8歳児を投げ落とした18歳(画像は『Inside Edition 2018年8月4日付「Minnesota Teen Pushed 8-Year-Old 30 Feet Off Water Slide Because Line Was Slow, Cops Say」(Dakota County Sheriff’s Office)』のスクリーンショット)
米ミネソタ州で認知障害のある男が、8歳男児を高さ9.4メートルのウォータースライダーから投げ落として怪我をさせた。警察の調べで男は自分の行為を認識しており、今後の裁判によっては最長5年の実刑判決が下される可能性もあるという。『CBS Local』『Inside Edition』などが伝えている。

7月31日の午後、ミネソタ州アップルバレーにあるプール施設「アップルバレー・アクアティックセンター(Apple Valley Aquatic Center)」で、ウォータースライダーの列に並んでいた8歳男児が、18歳のローマン・アダムスに抱え上げられ9.4メートル下に放り投げられた。

警察が到着する前にライフガードが救助に駆けつけたところ、男児は両足と大腿骨、肩など複数の箇所を骨折していたものの、幸いにも命に別状はなかった。ローマンを逮捕したアップルバレー警察は、その後の調べでローマンが認知障害を抱えていることを知った。ローマンは施設にパーソナルケアをする介護人と一緒に来ていたが、ウォータースライダーの順番待ちの際には1人で列に並んでいた。

ローマンは事情聴取で「ウォータースライダーには列ができていて、なかなか自分の番が回ってこなかった。だからイライラした」と供述したが、警察では認知障害のあるローマンが、自分の行為を過ちだと認識しているか否かということに焦点を置いたようだ。その結果、ローマンは自分の行いが人を傷つけるものであることを認識していたことが明らかとなり、第3級重暴行罪で逮捕・起訴された。捜査に関わったニック・フランシス警部はこのように話している。...続きを読む

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2018年8月8日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。