9歳と11歳の子供が安楽死 合法化のベルギーで

9歳と11歳の子供が安楽死 合法化のベルギーで
ベルギーで9歳と11歳の安楽死が明らかに(画像は『Mirror 2018年8月8日付「Two children aged nine and 11 become youngest in world to be euthanised」(Image: iStockphoto)』のスクリーンショット)
親にとって子供に先立たれることほど辛いものはない。しかし我が子が末期の病を抱え、痛みに苦しみながらかろうじて生きている姿を目の当たりにしなければならないとしたら、そして辛さに耐えかねた我が子が「死」を望んだら、どう選択すべきだろうか。このほどベルギーで、安楽死した子供の年齢が9歳と11歳であったことが発表された。これまでの記録上、安楽死された最も若い患者になったようだ。『Mirror』『Washington Post』などが伝えている。

安楽死を合法化したベルギーでは、国内だけでなく海外からも安楽死を求めてやってくる人は多い。しかし安楽死が施行されるには、医師により心理カウンセリングや様々なプロセスが必要だ。最も重要なことは「耐えがたい痛みが持続し治療回復の見込みがない」「心身ともに苦痛を味わっている」「本人に死の意思がある」ということである。

2016年1月1日から2017年12月31日までの間に、ベルギーでの安楽死を望んだ人は4,337人であり、ほとんどががん患者だったという。しかしその中に3人の子供が含まれていたことを、7月11日に発行された「CFCEE(ベルギーの安楽死を規制する委員会)」の新たな報告書により明らかとなった。

安楽死した子供の年齢は、17歳、11歳、そして9歳だ。オランダでは12歳以上の安楽死が認められているが、2014年に法改正されたベルギーではいかなる年齢であっても医師は命を絶つことが合法的に可能となった。2016年から2017年の間に行われた11歳と9歳の子供の安楽死は、世界で最も若い事例になったようだ。17歳の子供はデュシェンヌ型筋ジストロフィー、11歳の子供は嚢胞性線維症、9歳の子供は脳腫瘍を患っていたようで、いずれも末期の病で激しい痛みを伴っていたことが分かっている。...続きを読む

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2018年8月11日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。