救急病院で愛犬を「診察しろ」と医師に詰め寄った男(中国)<動画あり>

救急病院で愛犬を「診察しろ」と医師に詰め寄った男(中国)<動画あり>
獣医ではない医師に犬の治療を迫る男性(画像は『South China Morning Post 2018年8月28日付「Dog owner turns up at Chinese accident and emergency unit at 4am and demands doctors treat his injured pet」』のスクリーンショット)
中国でこのほど、怪我をした愛犬を緊急病院へ連れて来た飼い主の男性(Zhaoとだけ伝えられている)がいた。愛するペットを心配する気持ちには称賛を送りたいところだが、彼が訪れた場所が動物病院でなかったことで事態は大きく狂ってしまった。『South China Morning Post』などが伝えている。

先月26日の早朝4時、広西チワン族自治区南寧市内の広西民族病院救急医療センターに黒いベンツで乗りつけた男性がいた。男性は早急に治療をしてほしいと医師にかけあった。しかし男性が治療して欲しかった相手は、自分が飼っているゴールデン・レトリバーだったのだ。

当然、そこは緊急で治療を要する“人間”のための病院である。そのため医師は男性の申し出に困惑してしまったようだ。その場にいた人が撮影した動画には、興奮した男性が医師の服を鷲掴みにして、自分の愛犬の治療をするように強制している様子が捉えられている。

医師はなんとか男性を説得しようと「ここは救急医療センターなんですよ! ここは動物病院ではないのであなたの犬を治療することは出来ません。それにたくさんの患者が治療を待っているんですよ」と伝えた。

しかし男性はさらに興奮した様子でスマートフォンを取り出し、医師を鷲掴みにしたまま撮影を始め「僕の犬が死んだら、あんた達の責任だぞ!」と言い放った。

医師は繰り返し対応できないことを伝えると、男性は突然ひざまずき横で座っていたゴールデン・レトリバーにすがりついて泣き始めた。これで大人しく病院をあとにするかと思われたが、今度は医師に向かって「おまえの顔を忘れないからな!」と叫びながらセキュリティドアを蹴り始めた。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年9月4日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。