2017年に日本でも公開された映画『スパイダーマン:ホームカミング』で共演したトム・ホランドとゼンデイヤの交際が再び伝えられた。2人は劇中でクラスメイトを演じており、昨年7月に交際に関するニュースが初めて報じられている。


トム・ホランドとゼンデイヤの交際の噂に再び火がついたのは、インスタグラムの投稿についたコメントからだ。

9月3日に、米エンターテイメントメディア『Just Jared』がインスタグラムに「ゼンデイヤが22歳の誕生日を家族や友人とロンドンで祝った。噂される私生活での恋人のトム・ホランドも一緒にいた」と投稿。これに対して、ファンの一人が「噂される恋人だって。みんな夢見すぎてるよ」とコメントした。それに返事をするかたちでコメントしたのが、ゼンデイヤのディズニースター時代の友人、スカイ・ジャクソンの母親キヤ・コールさんだ。


キヤさんは「いいえ、本当よ。彼らはしばらく目立たないようにしているけどね」とコメントし、瞬く間にファンやメディアを賑わせることとなった。このコメントは数日後に削除され、後にキヤさんは彼女のアカウントが何者かにのっとられた際に投稿したものと釈明したが、突然の第三者からの告白に世間の目は冷ややかだ。

スカイ・ジャクソンとゼンデイヤは子役の頃から活躍していて顔見知りであるため、スカイの母親であるキヤさんが交際情報を知っていた可能性もある。しかしこの件について、当のトム・ホランドとゼンデイヤは口をつぐんでおり、真相は不明のままだ。2人の交際が初めて報じられたのは2017年7月、米メディア『PEOPLE.com』が「『スパイダーマン:ホームカミング』の撮影中から付き合い始めた」と伝えたが、その際はトム・ホランドとゼンデイヤともに自身のツイッターを通じて否定している。


この2回の報道に留まらず、これまでも何度か交際を報じられているトム・ホランドとゼンデイヤ。初期の『スパイダーマン』三部作主演のトビー・マグワイアキルスティン・ダンスト、また、『アメイジング・スパイダーマン』二部作主演のアンドリュー・ガーフィールドとエマ・ストーンがそれぞれ交際していたこともあり、スパイダーマンシリーズからのカップル誕生3組目となるのだろうか。2019年に公開される『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』でも共演している2人の今後の幸せな報告を待ちたい。

画像は『tomholland2013 2018年9月2日付Instagram「Me, myself and the birthday girl.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 ミカ・シスラー)