「変わってないと言わせたい」美容整形し39年ぶりの同窓会に出席した米女性<動画あり>

「変わってないと言わせたい」美容整形し39年ぶりの同窓会に出席した米女性<動画あり>
整形して39年ぶりの同窓会に出席した女性(画像は『Inside Edition 2018年9月11日付「California Mom Turns to Plastic Surgery to Make a Splash at Her 39-Year High School Reunion」』のスクリーンショット)
18歳以降、長い間会っていなかった当時のクラスメートと39年ぶりの同窓会へ出席することになった女性。「変わってないね」と言われたい一心で、女性は同窓会前に美容整形をして若返る決意をした。『Inside Edition』などが伝えている。

米カリフォルニア州南カリフォルニアに暮らすドナリー・ダンウッディーさん(57歳)は、39年ぶりにパシフィック・ハイスクールのクラスメートらとの同窓会に出席することになった。39年前に別れたきり会ってない同級生らが自分を見た時「まるで年月を感じさせない若々しさ」と思わせたい―そう願ったドナリーさんは18歳の時に撮った卒業写真のように、若返りを求めて整形手術を受ける決意をした。

そこで、ドナリーさんはサンタモニカにある美容整形外科のマイケル・ザラービ医師のもとを訪れた。ザラービ医師は、ドナリーさんの顎骨を削って下あごの輪郭を整え、首の周りの脂肪吸引をし、頬のフェイスリフトを行って顔を引き締めた。また腹部から吸引した脂肪を口周りに注入してボリューム感を持たせ、目の下のたるみを取るなど計5か所にわたり施術をした。

そして5週間後、ドナリーさんは同窓会が行われる会場へと向かった。整形後の自分の姿にとても満足しているドナリーさんは、過去のクラスメートらの驚く顔が待ちきれなかったことだろう。懐かしい仲間たちに拍手で迎えられた後、当時のアルバムを見ながら「30歳は若く見えるわ。 びっくりしちゃった!」と驚くクラスメートに、ドナリーさんは満面の笑みを浮かべた。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。