マドンナ長女、ランウェイ初登場も“スネ毛&貝殻ブラ”にバッシングの嵐

マドンナ長女、ランウェイ初登場も“スネ毛&貝殻ブラ”にバッシングの嵐
NYファッションウィークのランウェイに登場したローデス・レオン(画像は『Lourdes Leon 2018年9月12日付Instagram「#runway」』のスクリーンショット)
ポップミュージック界において永遠の“クイーン・オブ・ポップ”であるマドンナ。その長女ローデス・レオン(21)がニューヨーク・ファッション・ウィークのランウェイに登場し、過激なファッションと未処理のスネ毛で物議を醸した。

1996年生まれのローデス・レオンは、マドンナを母にキューバ出身のダンサー/トレーナーのカルロス・レオン氏を父に持つ。マドンナが38歳で出産した第1子とあって、メディアに追い掛け回されるという特殊な子供時代を過ごしたローデスだが、今ではマドンナは還暦を迎えた熟女に、ローデスは21歳に成長した。

以前からファッション業界に興味を抱いていたローデス。今年5月には「コンバース」がニューヨークを拠点に展開する「MadeMe」とコラボしたキャンペーンでモデルを務めたが、このたびニューヨーク・ファッション・ウィークのランウェイに初登場した。

現地時間11日に開催された「Gypsy Sport」のファッションショーにて、ローデスはチェーンで繋がれたビーズ付き貝殻ブラにボロボロに破れたジーンズ、グリーンの大きな葉でできたヘッドピースをまとった姿で登場。米誌『VOGUE』によれば、ローデスは友人である「Gypsy Sport」のデザイナーに自ら懇願し、ランウェイを歩くことになったというが、下着丸見えのなんとも際どいファッションには多くの人が眉をひそめたようだ。

特に注目を集めたのはボロボロのジーンズから覗くローデスの脚で、伸ばし放題にしているスネ毛が丸見えだったのである。ローデスのInstagramにアップされた画像からはスネ毛こそ見えないのだが、そこに書き込まれたコメントは大部分が批判的なものであった。

あわせて読みたい

記事提供社から

「マドンナ長女、ランウェイ初登場も“スネ毛&貝殻ブラ”にバッシングの嵐」の みんなの反応 9
  • 匿名さん 通報

    武田久美子に菓子折り持っていけ

    5
  • 匿名さん 通報

    ツルツル好きは、自分が脱毛必死になってる人。人の毛も許せないんだね..

    5
  • 匿名さん 通報

    次は海ぶどうでも装着して来い。世界中に馬鹿女が蔓延っていやがるな。

    2
  • 匿名さん 通報

    間違いなく30% の血が、出たらいのちにかかーるいのちにかかーる

    2
  • 匿名さん 通報

    足に毛が生えてるからなんなのだ。眉毛なんかも、整えすぎなくてもいい。自分と同じ目線でものをみて言い過ぎ。ボロボロとか貝殻とかは、モデルの問題ではない。みんなと同じ、量産じゃなくてもいい。

    1
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。