道端のレジ袋の中に赤ちゃんが! 「私たちの贈り物」と名付けられる(南ア)

道端のレジ袋の中に赤ちゃんが! 「私たちの贈り物」と名付けられる(南ア)
レジ袋の中で生存していた赤ちゃん(画像は『IOL News 2018年9月17日付「Newborn girl found alive in bag」』のスクリーンショット)
南アフリカ・北ケープ州キンバリーで9月14日、排水溝近くのコンクリートの上にレジ袋が捨てられていた。レジ袋の口はしっかりと結ばれていたが、中からは赤ちゃんの泣き声が聞こえた。日の出前の暗くて冷たい道の一角に、裸でレジ袋に入れられていた赤ちゃんは、心優しい近隣住民らの迅速な対応によって一命を取り留めた。『IOL News』などが伝えている。

14日の早朝、キンバリーのガレシュウェ(Galeshewe)地域の犯罪対策グループに所属するワンヤ・ツォチさん(Wanya Tsotsi)とブシ・モディサネさん(Vusi Modisane)が仕事に向かっていると、道端に集まっている人々を目にした。何事かと駆け寄ると、スーパーのレジ袋が転がっている。袋の中から聞こえるのは、赤ちゃんの割れんばかりの泣き声だった。

ツォチさんは「泣き声もするし明らかに赤ちゃんだということが分かりました。ですが自分で赤ちゃんの状態を調べることはできないので、すぐにキンバリー病院へ搬送する手続きを取りました」と当時を振り返って語った。赤ちゃんは女の子と分かり、新生児集中治療室ですぐに治療を受けたが、この時に撮影された白いビニール袋とそこから聞こえる泣き声を拾った10秒ほどの動画はソーシャルメディアで拡散した。

キンバリーの女性と子供の権利を擁護する団体「RiseAbafazi Movement」のムポ・アセガーイさん(Mpho Assegaai)は、その日の朝にツォチさんから電話をもらい、服やオムツなど女児に必要なものを集める手助けをしてほしいと頼まれた。アセガーイさんが団体のFacebookで寄付を呼びかけると、女児の噂は瞬く間に広まり、オムツや服の提供が相次いだ。アセガーイさんは同日の午後に、寄付された衣類などや女児と思われる赤ちゃんが座っている写真をFacebookに投稿し「たくさんの服が届きました。協力に感謝します」とコメントした。寄付は今でも続いているという。

地域の人々の間で、女児はコサ語で「私たちの贈り物」を意味する“Siphosethu”と名付けられた。キンバリー病院の医師によると女児の健康状態は良好とのことだ。「ガレシュウェ(Galeshewe)家庭暴力、児童保護、および性犯罪ユニット」は、女児の母親に関する情報提供を呼び掛けている。

画像は『IOL News 2018年9月17日付「Newborn girl found alive in bag」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 FLYNN)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2018年9月22日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。