人気歌手のマイリー・サイラスの妹で同じく歌手として活躍するノア・サイラス(18)。今月にラッパーのリル・ザンとの破局で心を痛めていたノアが、このたび自分の涙を1万2000ドル(約134万円)で販売した。


ラッパーのリル・ザンと今年7月から交際していたノア・サイラス。8月に2人はコラボ曲『Live or Die』をリリースしていたが、今月初めに「ノアが浮気をした」という理由で破局した。ノアはリルに歌手チャーリー・プースの顔とアダルトビデオの男優の体が合成された写真をメールで送っただけで浮気だと疑われたと明かし、インスタグラムのストーリーで浮気はしていないと涙ながらにファンに説明していた。

そして、そんなノアが「PizzaSlime」というサイトで自分の涙を1万2000ドル(約134万円)で販売。このボトルにはノアの悲しみの涙およそ12滴分が入っていて飲料向けではないと説明されており、48時間の限定商品だ。このサイトではほかに、ノアの父である歌手ビリー・レイ・サイラスの顔がプリントされたTシャツ、「NOAH CYRUS TEARS」と書かれたマグカップ、「NOAH CYRUS SUCKS」とプリントされたパーカーなどが販売されている。


しかしその後、このボトルをどうしても購入しようと「私はノア・サイラスが大好き。どうしても彼女の涙がほしい! でも1万2000ドルもする!」とクラウドファンディングサイト「GoFundMe」で募金を集める者まで現れ、ノアのチームがこれは新アルバム『Good Cry』のプロモーションの一環で、ジョークのつもりだったと明かした。ノアとチームは誰も購入するわけがないと思っていたらしく、実際に商品は購入できるがすぐに返金されるとのことだ。

なお奇抜な私物を販売したセレブとして、女優のスカーレット・ヨハンソンは2008年に使用したティッシュをネットオークション「eBay」に出品。これは5300ドル(約59万円)で落札され、チャリティ団体に寄付されている。また2004年には歌手ブリトニー・スピアーズの噛んだガムが「eBay」に出品され、1万4000ドル(約156万円)の値が付いた。
そのため今回の件も、本物だと信じた人は多かっただろう。

画像は『NC 2018年9月18日付Instagram「persons trash is another persons treasure. me & @pizzaslime’s stuff is up now for 48 hrs!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 朝倉リリー)