メーガン妃 “推定総額200万円超”のコーディネートで単独公務に気合い?

メーガン妃 “推定総額200万円超”のコーディネートで単独公務に気合い?
メーガン妃、この日のコーデは概ね好評(画像は『Kensington Palace 2018年9月25日付Twitter「The Duke and Duchess of Sussex’s official visit to Australia, Fiji, the Kingdom of Tonga, & New Zealand next month focuses on youth leadership, environmental & conservation efforts.」』のスクリーンショット)
現地時間25日にロンドン市内の「ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ」を訪問した英王室のメーガン妃。会場到着直後に見せた自ら車の扉を閉める姿が話題をさらったが、妃の艶やかなファッションにも大きな関心が集まったようだ。推定総額200万円超と言われるこの日のファッションの内訳をご紹介したい。

定番のルーズにまとめた“ゆるふわお団子ヘア”や、女優時代に長期滞在していたカナダのブランドを率先して愛用するなど、自身のファッション哲学を貫くメーガン妃。“ロイヤルアイコン”である義姉キャサリン妃と並び、今や最も注目される“新ファッションリーダー”である。

25日にはヘンリー王子と結婚後初となる単独公務に臨んだが、この日は「推定総額200万円超」とも言われる、ラグジュアリー感漂うコーディネートで気合いを入れたもよう。その“勝負服”となったのは、フランスの老舗メゾン「ジバンシィ(Givenchy)」。6月にエリザベス女王の公務に単独同行した際にはオフホワイトのドレスやクラッチバッグ、そして5月に行われた自身の挙式ではウェディングドレスに同ブランドをチョイスしていた。ここ一番の大舞台で活躍する同ブランドに、メーガン妃は絶大な信頼を寄せているようだ。

黒の膝下丈ヴェルヴェットドレスは、お値段約3300ドル(約37万円)。シースルーの袖とスカート部分に入った大きなスリットが、エレガントなデザインにほどよいセクシーさを加えている。同ブランドの小ぶりクラッチバッグは1990ドル(約22万6000円)。足元は10.5cmヒールのリボン付きパンプスで合わせており、こちらは先月友人のウェディングでも着用した、

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2018年9月29日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら