人工陰茎手術を受けた男性 初めての性行為後、5日間昏睡状態に(英)

世の中にあまり知られていない病気は数多く存在するが、膀胱外反症という病もその1つだろう。このほどイギリスで、この病のため生まれつき陰茎を持たない男性が大掛かりな手術の末に男性機能を手に入れることができた。しかしその後、命を落としかねない状態に陥ってしまったという。英メディア『Metro』などが伝えている。

英グレーター・マンチェスターに住むアンドリュー・ウォードルさん(Andrew Wardle、45)は、4万人に1人の発症率と言われる膀胱外反症を抱えて生まれてきた。この病は尿路に形態異常がみられ、アンドリューさんの場合は膀胱が体外に露出し、陰茎を持たない状態だった。

アンドリューさんのように膀胱外反症で陰茎がない症状は2,000万人に1人しか症例がないという。1歳の時に膀胱を体内に戻す手術をして成功したというが、陰茎を持たないことで10代の多感な時期には自ら死をも考えたそうだ。

そんなアンドリューさんは33歳の時、自分の前腕の筋肉と皮膚の一部を移植して完全に男性として機能する“バイオニック陰茎”の形成手術があることを医師から告げられた。これは、ボタンを押すと陰茎内に液体が送り込まれて勃起する人工の陰茎である。

40歳を過ぎた頃に移植手術を真剣に考えるようになったのだが、これは6年間交際してきた恋人のフェドラ・ファビアンさん(Fedra Fabian、28)が支えてくれたこともあってのことだろう。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク