命を絶った息子の最期の姿が脳裏から離れず 父親が息子の寝室で自殺(英)

命を絶った息子の最期の姿が脳裏から離れず 父親が息子の寝室で自殺(英)
息子(右)を亡くした悲しみが深く、自ら命を絶った父(左)(画像は『The Sun 2018年10月3日付「DOUBLE TRAGEDY Dad kills himself just weeks after he found son, 21, hanged in bedroom」(IMAGE: BEN LACK)』のスクリーンショット)
たったひとりの最愛の我が子を自殺という形で失ってしまった父親。息子の最期の姿が脳裏から離れず苦しみ続けた父親は、息子の死からおよそ1か月後に自らの命を絶った。発見したのは妻であり、2人の愛する家族を失う結果となってしまった。イギリスで起こった二重の悲劇を『The Sun』『Metro』などが伝えている。

イースト・ライディング・オブ・ヨークシャーのキングストン・アポン・ハルで今年3月と4月に起こったある一家の二重の悲劇についての死因審問が10月1日に行われ、その全容が明らかとなった。

マーティン・レナードさん(48歳)と妻リサさんのひとり息子だったマコーリーさん(21歳)は、今年1月に長年交際していた恋人との関係が破綻して落ち込むようになった。リサさんはそんな息子を心配してうつに効くとされるハーブを購入し、その療法の効果があると感じていた。しかしマコーリーさんは苦悩の中にいたのだろう。3月7日にマコーリーさんは元恋人の女性と会ったのだが、彼女に車の合鍵を返した3時間後に寝室で首を吊って自殺した。

同日の午後9時頃、息子の部屋をノックしたマーティンさんは、返事がなかったことから「もしかして部屋で彼女と一緒にいるのでは」と思った。マコーリーさんの部屋に明かりがついていたため、マーティンさんは再び10分後にノックをした。そして変わり果てた姿の息子を発見したのである。午後9時半頃、通報を受けたハンバーサイド警察が駆けつけているが、それまでにマーティンさんは死に物狂いで息子の蘇生を試みたようだ。しかし、マコーリーさんが息を吹き返すことはなかった。...続きを読む

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2018年10月10日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。