ステージ4のがんと闘うシングルマザー「5歳娘と一緒に残りの人生を前向きに生きる」(英)

ステージ4のがんと闘うシングルマザー「5歳娘と一緒に残りの人生を前向きに生きる」(英)
ステージ4のがんを患う母(画像は『Manchester Evening News 2018年10月8日付「‘I don’t know how long I have left’... the mum with stage 4 cancer making the most of every minute with her daughter」』のスクリーンショット)
まだ幼い子供を抱えたシングルマザーが、ステージ4のがんを宣告されたら…。その胸中は察することすら難しい。しかし32歳の母親は「残りの日々を前向きに生きよう」と決意し、Facebookでも自身の病を打ち明けた。がんと真正面から向き合うこの母親の強さや勇気に多くの人がインスパイアされ、現在サポートのために母親と5歳の娘に寄付金が集められている。『Manchester Evening News』などが伝えた。

英グレーター・マンチェスターのストックポート郊外に住むベッキー・ジェイコブスさん(32歳)は、これまで子宮頸がんを発見するための細胞診検査“パップテスト”を定期的に受けてきた。だが今年に入って痛みを感じるようになり医師の診察を受けたところ、子宮頸部上部が珍しいがんに罹っていることがわかった。

最初、医師はベッキーさんが訴えた痛みをストレスに関わる胃潰瘍だと思ったようだ。ベッキーさんは2017年に暴力的だったパートナーと別居して、5歳の娘マイラちゃんをひとりで育てている。しかしスキャン検査で子宮頸がんと判明、その後ベッキーさんはマンチェスターにある病院「The Christie(ザ・クリスティー)」で、辛い抗がん剤治療や化学療法を何か月も受けた。

医師らは子宮頸部のレモンサイズほどの腫瘍を取り除くことに成功したが、9月初めにがんが脊椎や骨盤、リンパ節に転移していることがわかり、ベッキーさんはステージ4と宣告された。ベッキーさんにとって、一番気がかりなのはやはり5歳になったばかりのマイラちゃんのことである。自分の病のことを周りにも隠したままにするのは嫌だと、Facebookでも病気のことをオープンに綴ったベッキーさんは、まだ幼いマイラちゃんにがんを理解させることは困難だと思い、ちょうど腫瘍の大きさがレモン大であったことから娘にはレモンのたとえを使って「ママのお腹には悪いレモンがあってね、具合が悪いからお薬を飲まなければならないし、病院にも行かなきゃいけないのよ」と説明したという。ベッキーさんはこれまでの心境を次のように話している。...続きを読む

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2018年10月11日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。