キャサリン妃、1年前のドレスを着て公務へ 「弟夫妻とはオーラが違う」200万円コーデのメーガン妃と比較する声も

キャサリン妃、1年前のドレスを着て公務へ 「弟夫妻とはオーラが違う」200万円コーデのメーガン妃と比較する声も
「グローバル・ミニステリアル・メンタルヘルス・サミット」に出席したウィリアム王子とキャサリン妃(画像は『Kensington Palace 2018年10月9日付Instagram「The Duke and Duchess of Cambridge take a seat on the Friendship Bench at the first Global Ministerial Mental Health Summit, which aims to promote better mental health for all.」』のスクリーンショット)
現地時間9日、英王室ウィリアム王子とキャサリン妃が第3子ルイ王子誕生後、初めて共に公務へ臨んだ。昨年7月のロイヤルツアーで着用したライラック色のドレスを“再利用”して公務に臨んだキャサリン妃については、「時折こうして同じものを着用する姿には好感が持てる」「産後6か月未満、しかも3人目の出産だったのに、もう産前のドレスが入るなんて!」と人々の称賛を集めている。一方で先日、総額およそ200万円のファッションが話題になったメーガン妃を引き合いに出し、キャサリン妃の慎ましやかさと比較する声もあがっている。

10日の「世界メンタルヘルス・デー」に先駆け、ウィリアム王子とキャサリン妃夫妻が9日、ロンドンで開催された「グローバル・ミニステリアル・メンタルヘルス・サミット」に出席した。

4月に第3子のルイ王子が誕生して以来初となったこの日の2人一緒のジョイント公務、今回もキャサリン妃のファッションには大きな関心が集まったようだ。この日は「Emilia Wickstead(エミリア・ウィックステッド)」のライラック色のAラインドレスをチョイスしたキャサリン妃。同ブランドは妃のお気に入りだが、最近では義妹メーガン妃も愛用している。美しいラインと鮮やかな色がパッと目を引くこのドレス、実は昨夏のポーランド、ドイツへのロイヤルツアーの際に着用していたのと同じものだ。第3子出産からわずか6か月弱で、もう産前愛用していたドレスをスッキリ着こなすキャサリン妃には称賛の声があがっている。...続きを読む

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2018年10月11日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。