ペンギンの模型を並べた動物園が物議を醸す 「ペンギン・マラリアのせい」(英)

ペンギンの模型を並べた動物園が物議を醸す 「ペンギン・マラリアのせい」(英)
動物園のペンギンをよく見ると…(画像は『The Sun 2018年10月2日付「ZOO MUST BE KIDDING There’s something wrong with this penguin enclosure - can you see what it is?」(Credit: SWNS)』のスクリーンショット)
新しい動物を迎え入れるための準備を進めていたイギリスの動物園で、今年7月以降にフンボルトペンギンがお披露目されるはずだった。しかし園内を訪れた人達が目にしたものはペンギンの模型であった。『The Sun』『Mirror』などが伝えている。

英シュロップシャー州テルフォードにあるエキゾチック動物園(Exotic Zoo)では、今年7月に新しく飼育する動物のお披露目のため数万ポンド(数百万円)もの建設費をかけて準備を進めていた。新しく迎え入れる6羽のフンボルトペンギンの囲いも完成し、来園客に楽しんでもらうことを同園スタッフの誰もが心待ちにしていた。

しかし来園客がペンギンの囲いで目にしたものは、プラスチック製のペンギンの模型6体だった。このことはペンギンを見るために来園した人々を大いに失望させたようだ。来園客からは「本当、風変わりなものを見せてもらったわ。可愛いペンギンが見たかったのに残念ね」「みんなお金を払って入場したはいいけど、動物の模型を見せられるとは想像もしてなかったと思う」などの声があがっている。

このペンギンの模型が物議を醸し、エキゾチック動物園は英メディアの取材を受けているが「なぜ模型のペンギンを設置したのか?」について同園のディレクターであるスコット・アダムスさん(Scott Adams)は、次のように明かしている。

「このペンギンの囲いは最もコストをかけ、夏休み前に向けてペンギン達をお披露目したいと思っていました。しかし思わぬ災難が発生したのです。ペンギンが鳥マラリアに感染して死亡するペンギン・マラリアのせいで私たちは3カップルのペンギンを入手することが出来なくなったのです。」

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。