2年間行方不明の男児、別の州で発見される(米)

2年間行方不明の男児、別の州で発見される(米)
2年前に行方不明になった男児が無事に発見(画像は『Fox 5 NY 2018年10月18日付「Missing Mass. boy found safe two years later in Fla.」』のスクリーンショット)
たとえ血が繋がった実の親であっても、もうひとりの親の許可なく、子供を州や国を越えて連れ出せばれっきとした誘拐になる。このほどアメリカで2016年から行方不明になっていた男児が無事に発見され、男児の実の母親が誘拐犯として逮捕された。『Fox 5 NY』『ABC Action News』などが伝えている。

10月16日、「全米行方不明・被搾取児童センター(The National Center for Missing and Exploited Children)」に一本の匿名通報が寄せられたことから、フロリダ州保安官事務所は2016年9月1日から行方不明になっていたマシュー・ヘイル君と母親クリスティーナ・ヘイル(40歳)の居場所を突き止めた。

現在5歳になっているマシュー君は、3歳だった2年前にマサチューセッツ州で姿を目撃されて以来行方がわからなくなっていた。同州ウエブスター郡警察によると、2016年9月にマシュー君の父親がマサチューセッツ州の裁判所にてマシュー君の全親権を得ていたという。しかし母親のクリスティーナは、マシュー君を連れて行方をくらました。2017年1月に父親がウエブスター郡に出向き通報、警察は母親が暮らす家を訪ねたが数週間前に引き払っていたようで、2人の姿はなかった。

そこで警察は行方不明者としてマシュー君の写真が載ったポスターやクリスティーナの写真を地域に配布し、捜索を続けた。クリスティーナの身内によると、マシュー君は父親から虐待されていたためクリスティーナが2013年9月に接見禁止命令を申請していたという。しかし後の裁判では、結局父親側に親権が譲られることになってしまったようだ。昨年7月にはクリスティーナの車がメイン州で発見されたことから、母子が同州で虐待を受けた被害者が利用する避難施設に身を隠していたことを警察は突き止めたが、その後クリスティーナがマシュー君を連れてフロリダ州オーランドにいるいとこのもとへ向かったのではないかと推測するも、以降の足取りが掴めなくなっていた。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年10月21日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。