寝たきりの父を救急車で結婚式場へ 救急隊の対応に息子号泣(南ア)<動画あり>

寝たきりの父を救急車で結婚式場へ 救急隊の対応に息子号泣(南ア)<動画あり>
救急隊員とともに結婚式場へ(画像は『ER24 EMS(Pty)Ltd. 2018年10月18日付Twitter「Dad’s front row bed at wedding.」』のスクリーンショット)
「寝たきりとなった最愛の父に、どうしても自分の結婚式に出席してほしい」―そんな息子の願いが叶った。救急車が隊員付きで父を結婚式場へと送り、さらには挙式中ずっと付き添ってくれたのだ。この救急隊の温かい対応が大きな話題となり、南アフリカ現地『News24』をはじめ複数のメディアが伝えている。

南アフリカ・セッジフィールド(Sedgefield)に住むフリッキー・グロベラーさん(62歳)は、今年初めに運動ニューロン疾患と診断された。運動ニューロン疾患(MND)とは運動神経の障害で、筋萎縮と筋力低下がみられ、最終的に呼吸筋が動かなくなり死に至るケースが多い。診断当初は車椅子で移動していたフリッキーさんだったが、容態はみるみる悪化、今ではベッドに横たわりまったく動くことができなくなっていた。

フリッキーさんの末の息子ヤンドレさん(31)は実家から490キロほど離れたケープタウンで働いていたが、父を助けるため5か月前に仕事を辞め、両親のそばで暮らすことにした。父を最も慕っていたヤンドレさんにとって、徐々に弱っていくその姿を目にすることは非常に辛く、また「あとどれくらい父と一緒に過ごせるのか?」という焦りもあり、ガールフレンドのニコールさんとの結婚を早めることを決めた。

フリッキーさんの病状が日ごとに悪化していく中で、ヤンドレさんの結婚という出来事は沈みがちだった家族に一時の明るさを取り戻させた。しかしここで問題となったのは、どこで結婚式を挙げるか、どうすればフリッキーさんが結婚式に出席できるかということだった。その後、結婚式場はセッジフィールド市内にあるリゾートホテルに決まり、ヤンドレさんをはじめ家族は式場まで自分たちの車でフリッキーさんを運ぼうかと考えたが、フリッキーさんがこれに乗り気になることはなかった。一時はフリッキーさんの部屋で結婚式を挙げることも考えたが、妻となるニコールさんが「この日は私たちのためだから」とこれに反対。そこで、結婚式場まで救急車を借りることができるかと複数の会社に電話で問い合わせてみたが、いずれも予算をはるかに超える高額なものでヤンドレさんは絶望の淵にいた。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2018年10月22日の国際総合記事をもっと見る
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。