メーガン妃の父「娘の妊娠のニュースは車のラジオで聞いた」と明かす

メーガン妃の父「娘の妊娠のニュースは車のラジオで聞いた」と明かす
今年6月、英情報番組『Good Morning Britain』に出演したトーマス・マークルさん(画像は『Good Morning Britain 2018年6月18日付Twitter「WORLD EXCLUSIVE: ‘Daddy, I have a new boyfriend’ – Thomas Markle talks about his daughter’s romance with Prince Harry」』のスクリーンショット)
英時間15日、ケンジントン宮殿公式Twitterより第1子懐妊のニュースが伝えられたヘンリー王子とメーガン妃。「王室メンバーや妃の母ドリアさんもこのニュースを大変喜んでいる」旨の声明が続けて発表されたが、そこに妃の父トーマスさんの名前はなかった。トーマスさんは21日付英『Mail on Sunday』の取材に対し、「娘の妊娠のニュースは、車のラジオで聞いて知った」と明かしている。

英王室ヘンリー王子とメーガン妃第1子懐妊のニュースが世界中を駆け巡ったその瞬間、メーガン妃の父トーマス・マークルさんは米国とメキシコの国境を行き来する車の列の中にいた。

「私は米国とメキシコの国境を行き来する車の列に並んできました。メーガンの妊娠の知らせは車のラジオで知ったのです。」

ヘンリー王子の祖母エリザベス女王とフィリップ王配や父チャールズ皇太子とカミラ夫妻、そして兄ウィリアム王子夫妻は、今月12日のユージェニー王女の結婚式の場で、ヘンリー王子とメーガン妃から直接妊娠の知らせを聞いたと伝えられている。また、ケンジントン宮殿広報は「ラグランドさんもこの素晴らしい知らせを大変喜んでおられ、初めての孫の誕生を心待ちにしていらっしゃいます」とメーガン妃の母ドリアさんに言及した声明文も発表済みだ。

メーガン妃の父トーマスさんだけがヘンリー王子とメーガン妃から直接妊娠の知らせを聞いていなかったことについては、妃の異母姉サマンサ・マークルさんが先日、英『The Sun』の取材に対し「(ケンジントン宮殿が)声明文で父に触れていなかったことが故意でないことを願う」と発言。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。