メーガン妃の服装に批判殺到 露わになった太ももに「品のなさがバレバレ」

メーガン妃の服装に批判殺到 露わになった太ももに「品のなさがバレバレ」
大胆なスリット入りドレスで、太ももも露わに!(画像は『Kensington Palace 2018年10月22日付Instagram「Thank you to everyone at Kingfisher Bay Resort Jetty on Fraser Island that came out to welcome The Duke and Duchess of Sussex today!」』のスクリーンショット)
現在オセアニア諸国を訪問中のヘンリー王子とメーガン妃。第1子懐妊のニュースにより妃のファッションにますます注目が集まるなか、ツアー7日目に妃が着用したサンドレスが「英王室という立場をわきまえない場違いなファッション」「露出しすぎで品がない」と大バッシングを浴びている。

オセアニア諸国へのロイヤル訪問第7日目となった豪時間22日、ヘンリー王子とメーガン妃は豪クイーンズランド州フレーザー島の「キングフィッシャー・ベイ・リゾート」を訪問。同州のアナスタシア・パラシェ州首相と面会した。

現在は妊娠12週検診を終えたところだと伝えられているメーガン妃が、心なしかふっくらし始めたお腹に時折手を触れながら、ヘンリー王子と手を繋いで桟橋を歩く姿に世界中が釘付けとなった。

この日、メーガン妃が着用したのは米国発祥ブランド「Reformation」の「パイナップルドレス」と呼ばれるサンドレス。太ももまで入った大胆なスリットとベルトがポイントで、100%麻の心地よい素材感とカジュアルなストライプ柄がリゾート気分を演出している。

定番となっているゆるめのお団子ヘアと茶色のサンダルを合わせたリラックス感漂うメーガン妃のファッションには、

「カリフォルニア出身のメーガンは、やっぱりこういうファッションがよく似合う」

「ちょっと目立ち始めたお腹に手を当てるメーガンが幸せそうでいい」

といったコメントが集まった。

しかし、その薄すぎる素材のため陽の光にあたったドレスからメーガン妃の体型がくっきりと映し出される画像がネット上に流出。また桟橋でファンと対面する妃がしゃがんだ際に左太ももがあらわになった写真がケンジントン宮殿公式SNSに公開されると、妃のファッションは一部のユーザーからまたもや大バッシングを受けてしまうこととなった。

あわせて読みたい

記事提供社から

「メーガン妃の服装に批判殺到 露わになった太ももに「品のなさがバレバレ」」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    やはり育ちがでるんでしょうね。

    3
  • 匿名さん 通報

    「妊娠中の大事な時期なのに、こんなことでバッシング」される事はもういい加減予見できるはず、ちゃんと対策しないスタッフが悪い。改善できないスタイリストは解雇、は当然でしょう。

    1
  • 匿名さん 通報

    スタイリストのせいだって笑

    1
  • 匿名さん 通報

    ご自身で選んでるの?趣味は反映されてるように思えるけど、これほどまでにバッシングされるほど、お一人の判断で服装すべて自由にできるものなの?

    1
  • 匿名さん 通報

    こんなもんわな、ファッションや品の話やない。王室に黒人の血を入れたくない勢力がごねているだけや。

    0
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。