カード会社へ返済のため、癌と偽り寄付金サイトで金を集めた女教師(英)

化学療法が効果がなかったとして、癌のための治療費を寄付金サイトや慈善団体から搾取していた女教師が逮捕された。女は職場の同僚や友人はおろか、両親までをも騙していたという。『BBC News』『The Sun』『Liverpool Echo』などが伝えている。

英マージーサイド州ウィストンに住むキーラ・ブレイフォード(25歳)は、今年3月から9月にわたって自分を皮膚癌と偽り、同僚や友人だけでなく家族をも騙して寄付金を集める詐欺行為を働いた。

同州セント・へレンズにある「Sutton Academy(サットン・アカデミー)」で社会学の教師をしていたキーラは、同僚に「3つの手術不可能な腫瘍を抱えている」「化学療法を受けたが効果がなかった」と嘘をついた。その後、友人のひとりがキーラのためにクラウドファンディングサイト『JustGiving』にアカウントを設定し、「癌と闘うキーラが化学療法以外の可能な治療を受けて救われるように」と寄付を募ったところ、10,515ポンド(約154万円)が集まった。これに味を占めたキーラは、寄付金サイトとは別に慈善団体やチャリティイベントなどを通して4か所から直接寄付された8,722ポンド(約128万円)を、クレジットカード会社の負債や通販での洋服購入に使い込んだ。

ところがキーラの詐欺は、学校のパソコンで医師からのカルテを偽造していたところを上司に見つかったことで発覚。学校を解雇され警察に通報されたにもかかわらず、キーラは「自分は病気」と主張し、警察からNHS(英国民保健サービス)のカルテを提示されると初めて詐欺行為を認めた。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年11月4日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。