仲良し双子姉妹、2時間差で同じ体重の女児を出産(米)

仲良し双子姉妹、2時間差で同じ体重の女児を出産(米)
23歳の双子姉妹、出産予定日は2日違いだったものの…(画像は『Inside Edition 2018年11月7日付「California Identical Twins Give Birth on the Same Day」(Community Regional Medical Center)』のスクリーンショット)
絆が強いといわれる一卵性双生児だが、ともに出産を迎えてますますその絆は強くなったようだ。米カリフォルニア州で23歳の双子姉妹が11月4日、2時間差で元気な女児を出産した。『Inside Edition』『ABC News』などが伝えている。

カリフォルニア州フレズノにある「Community Regional Medical Center(コミュニティ・リージョナル・メディカルセンター)」で11月4日の夜、双子の母親からそれぞれ元気な女児が誕生した。

一卵性双生児のバオ・ニア・ジュリア・ヤンさんとバオ・クー・ジュリー・ヤンさん(共に23歳)は子供の頃から仲が良く、何をするにしてもいつもシェアし合ってきたという。今回2人は、めでたく妊娠・出産のタイミングまでをもシェアすることになり、バオ・クーさんはこのように話している。

「最初に私の妊娠がわかって、バオ・ニアに話したんです。そうしたら『私も妊娠しているかもしれない』ってなって。11月3日の夜に私に陣痛が起こった時も、バオ・ニアが『私にも陣痛が来た』って。」

もともと2人の出産予定日は、2日違いだったそうだ。しかしこれまで何事もシェアしてきた2人にとって、出産を一緒に迎えることに何の不思議もなかったようだ。そして偶然にも4日、バオ・クーさんは午後6時59分に第1子となるナダリー・ションちゃんを、バオ・ニアさんは午後8時48分に第3子となるキャンドラ・タオちゃんをおよそ2時間差で出産した。女児2人の誕生時の体重は、偶然にも同じ3,175グラムだったという。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2018年11月9日の国際総合記事をもっと見る
「仲良し双子姉妹、2時間差で同じ体重の女児を出産(米)」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    父親は同じ男、なんてオチでしょうか

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。