ジャスティン・ビーバー&ヘイリー・ボールドウィン、カナダに定住か

ジャスティン・ビーバー&ヘイリー・ボールドウィン、カナダに定住か
感謝祭はカナダの豪邸で過ごしたヘイリー&ジャスティン(画像は『Hailey Rhode Bieber 2018年11月23日付Instagram「very thankful」』のスクリーンショット)
このところ故郷カナダでの目撃談が相次いでいるジャスティン・ビーバー(24)とヘイリー・ボールドウィン(22)。関係者が明かした情報によると、2人は現在米国を離れ、ジャスティンの出身地カナダ・オンタリオ州で暮らしているとのこと。将来的には子供もカナダで育てていきたいと希望しているという。

8月に母国カナダに帰国した際、地元オンタリオ州ストラトフォードからほど近い、人口8000人程度の小さな町プスリンチ(Puslinch)にジムや乗馬施設などを備えた5億7000万円ほどの大豪邸を購入したジャスティン・ビーバー。

当初「この豪邸がヘイリーとのウェディングセレモニーの会場になるのではないか?」「今回の帰郷はその打ち合わせのため?」など様々な憶測が飛び交っていた。

今月に入ってからはトロントのダウンタウンにある超庶民派コーヒーショップ「Tim Horton’s」に新妻ヘイリーとともに現れ、従業員や店内の客が大騒ぎする事態となった。またつい先日は、購入したての豪邸にビーバー家とボールドウィン家の両家を招いて米国の感謝祭とヘイリーの22歳の誕生日をお祝い、そしてNHLチーム「トロント・メープルリーフス」のアイスホッケーの試合を「スコシアバンク・アリーナ」のボックス席で仲良く観戦する姿も目撃されていた。

そんな故郷をこよなく愛するジャスティンについて、米芸能情報サイト『Us Weekly』は9月末、「ロサンゼルスやニューヨークといった大都市から距離を置き、ジャスティンは故郷カナダに“終の住処”を構えたがっている」との関係者の証言を報じていたが、このほど新たな証言を入手し「ジャスティンとヘイリーはすでに、カナダに拠点を移して生活している」と報道している。また英『Daily Mail』も「ジャスティンは、大変静かで落ち着いた雰囲気のカナダを気に入っているのです。パパラッチに追い掛け回されることなくヘイリーを連れて外出もできますし、カナダではプライバシーを尊重してもらえていますからね」との証言を掲載。「ヘイリーは今は妊娠はしていませんが、それ(妊娠)も時間の問題でしょうね。2人はカナダでの子育てを望んでいますよ」とも伝えている。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ジャスティン・ビーバー + 曲」のおすすめ記事

「ジャスティン・ビーバー + 曲」のおすすめ記事をもっと見る

「ジャスティン・ビーバー + Instagram」のおすすめ記事

「ジャスティン・ビーバー + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「マイリー・サイラス」のニュース

次に読みたい関連記事「マイリー・サイラス」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年11月28日の海外セレブ記事

キーワード一覧

  1. ジャスティン・ビーバー Instagram
  2. ジャスティン・ビーバー セリーナ・ゴメス
  3. ジャスティン・ビーバー ピコ太郎

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。