パリス・ヒルトンの弟が再び常軌を逸したストーカー行為

パリス・ヒルトンの弟が再び常軌を逸したストーカー行為
父リチャードさんも、更生の兆しが見えない息子に手を焼いているはず…(画像は『Conrad 2018年11月23日付Instagram「Like Father, Like Son in the Lion’s Den」』のスクリーンショット)
元祖“お騒がせセレブ”として知られるパリス・ヒルトン(37)だが、身内には彼女の遥か上を行くトラブルだらけの人物がいる。それはパリスの13歳年下で、ヒルトン四きょうだいの末っ子、コンラッド・ヒルトン(24)である。このたびコンラッドが、元交際相手が申請していた接近禁止令に違反して女性宅を再び訪れ、ぬいぐるみなどを置いて去っていたことが明らかになった。

若かりし頃には“お騒がせセレブ”、“おバカなブロンド”のレッテルを貼られていたヒルトンホテル創業者一族の令嬢パリス・ヒルトン。先ごろ3度目の婚約解消が報じられたものの、現在はDJとして活躍、また自身の香水を熱心にプロデュースしたりチャリティ活動にも尽力するなど、年齢を重ねるとともに落ち着きを見せている。

しかしそんな姉とは正反対に、20代半ばに突入しても一向に更生の兆しが見えないのが、パリスの実弟で13歳年下のコンラッド・ヒルトンである。10代の頃は大麻使用や未成年飲酒、20代に入ってからも飛行機内で暴れたり、元交際相手にストーカー行為を繰り返すなど警察沙汰になる事件を度々起こしてきた。

そんなコンラッドは、2004年にリリースされた姉パリス・ヒルトンのセックステープ『ワン・ナイト・イン・パリス(1 Night in Paris)』の制作者でポーカープレイヤーのリック・ソロモン氏の娘ハンターさんと恋仲だった過去がある。別れてからもハンターさんに未練たっぷりのコンラッドは、次第にストーカー気質を強めていき、

あわせて読みたい

気になるキーワード

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2018年11月28日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「キム・カーダシアン」のニュース

次に読みたい関連記事「キム・カーダシアン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マイリー・サイラス」のニュース

次に読みたい関連記事「マイリー・サイラス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジェニファー・ロペス」のニュース

次に読みたい関連記事「ジェニファー・ロペス」のニュースをもっと見る

新着トピックス

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。