アダム・レヴィーン、40歳目前に「これ以上何がほしいのか分からない」

アダム・レヴィーン、40歳目前に「これ以上何がほしいのか分からない」
『Variety』の表紙を飾ったアダム・レヴィーン(画像は『Variety Magazine 2018年11月27日付Instagram「COVER STORY:Introducing Variety’s #Hitmaker of the year. Adam Levine opens up about dealing with the loss of his friend and manager, Jordan Feldstein, and how he has taken control of his career. Full profile at link in bio.」(@guyaroch)』のスクリーンショット)
美人モデルの妻と可愛い2人の娘がおり、「マルーン5」として大成功するアダム・レヴィーン(39)。来年3月に40歳を迎えるアダムは「これ以上何がほしいのか分からない」と人生の満足感を語った。

「マルーン5」のボーカルであるアダム・レヴィーンは、『Moves like Jagger』、『Payphone』、『Girls Like You』などのヒット曲を世に出し、ミュージシャンとして大成功を収めた。私生活では2014年にヴィクトリアズ・シークレットのモデル、ベハティ・プリンスルーと結婚し、2016年9月に第1子となるダスティちゃん、2018年2月に次女ジオちゃんが誕生した。そんなアダムも来年3月に40歳を迎えるが、今は人生にかなり満足している様子。アダムは40歳を迎える心情について『Variety』にこのように語った。

「(40歳)やってこい! 僕はこれ以上何がほしいんだろうなんて分からない。美しい家族がいて、美しい妻がいて、美しい赤ちゃんが2人いる。銀行にはお金があって、キャリアも作品もある。今の僕はすごく幸せだよ。このままでいることを願っているんだ。これ以上のことを考えると怖気づいてしまうね。叶わないと思っていた夢でさえ達成した気分だよ。」

「年齢っておもしろいよ。26歳で悪口を言われると、『くそっ!』って感じになるんだ。何も分かっていないんだよ。でも僕の年になると、そういうことを言っていた当時の自分を嫌いになるんだ。でも若い男の脳みそを振り絞って、やれるだけのことはやったんだ。僕は逮捕されたわけじゃないし、刑務所に行ったわけでもない。26歳の頃、僕にとっては40歳は年だなって感じた。23歳だった頃は26歳が年だって感じた。すべては繋がっているんだよね。」

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年11月28日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。