失くした財布が無事戻り“意外なサプライズ”に驚いた男性(米)

失くした財布が無事戻り“意外なサプライズ”に驚いた男性(米)
失くした財布が手元に戻った男性、財布の中を見て驚くことに(画像は『ABC7 News 2018年11月25日付「Stranger returns wallet to man with extra $40 inside」』のスクリーンショット)
財布を失くしたら、二度と自分のもとへは戻ってこないと思うのが普通だろう。しかし機内で財布を失くした米サウスダコタ州に住む男性のもとへ、無事に財布が届けられた。しかも男性は、財布の中身が増えていたという嬉しいサプライズを経験した。『ABC7 News』『Yahoo Lifestyle』などが伝えている。

サウスダコタ州のハンター・シャマットさん(20歳)は11月8日、姉の結婚式に出席するためフロンティア航空でラスベガスへと向かったが、その機内で財布を失くしてしまった。

財布の中にはID(身分証明書)と銀行のカード、現金60ドル(約6,800円)に加えて署名入りの小切手400ドル(約45,000円)分が入っていた。ハンターさんは同乗者の母親ジェニーさんとともにフロンティア航空に紛失届を出したが、二度と財布は戻ってこないだろうという思いがあった。ところが11月15日に、財布が自宅に郵送され戻ってきたのである。

それだけでも奇跡に近いが、更にハンターさんを驚かせたのは財布の中身が増えていたことだった。「FedEx(フェデックス)」で送られてきた小包には送り主の名が書かれておらず、送付先はネブラスカ州オマハの「Applied Underwriters」というところになっていた。中に同封されていた手紙を見て、ハンターさんは母親のジェニーさんとともに驚きの声をあげた。手紙の中身はこう綴られていた。

「11月8日のオマハからデンバー行きのフロンティア航空機内で、この財布を見つけました。12列目の座席Fで、財布はシートと壁の間に挟まっていました。取り戻したいと思っているだろうと思い、送ります。追伸 財布の中身が100ドル(約11,000円)になるようにちょっと足しておきました。これで財布が手元に戻ってきたことを祝うことができますね TB」

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2018年11月30日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら