カイリー・ジェンナー、年収約190億円で「30歳未満で最も稼いだセレブ」に

カイリー・ジェンナー、年収約190億円で「30歳未満で最も稼いだセレブ」に
“全米最年少のビリオネア”達成目前のカイリー・ジェンナー(画像は『Kylie 2018年7月12日付Instagram「wow. i can’t believe I’m posting my very own @forbes cover.」』のスクリーンショット)
コスメブランド「カイリー・コスメティクス(Kylie Cosmetics)」などで大成功し、純資産は9億ドル(約1000億円)とされるティーンのカリスマ、カイリー・ジェンナー(21)。このたび米経済誌『Forbes』が発表した「30歳未満で最も稼ぐセレブ」で堂々の1位に輝いた。

2017年6月1日から2018年7月1日までに最も多く稼いだ30歳未満のセレブをランキングした結果、カイリー・ジェンナーが1億6650万ドル(約189億3千万円)でトップに躍り出た。カイリーは姉たちとリアリティ番組『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』に出演しているほか、主にコスメブランド「カイリー・コスメティクス(Kylie Cosmetics)」で巨額の収入を得た。21歳でありながら、カイリーは“全米最年少のビリオネア”という称号を手にするとも言われている。

2位は1億1000万ドル(約125億円)を稼いだ歌手エド・シーラン(27)で、アルバム『÷(ディバイド)』をひっさげて昨年3月から世界ツアーをスタートしているほか、ストリーミングサイトからの収入やテレビドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』や『ザ・シンプソンズ』などの出演料が加算されている。

3位はサッカーブラジル代表のネイマール(26)が9000万ドル(約102億2千万円)でランクインした。ネイマールはパリ・サンジェルマンFCと5年間で6億ドル超の契約を結び、移籍金約2億5千万ドルを差し引いた約3億5千万ドル(約396億8千万円)が2022年6月までに給料として支払われることになっている。また、ナイキやレッド・ブルなどのグローバルスポンサーとしても活躍している。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年12月1日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。