死んだと聞かされていた父親と26年ぶりに再会した娘(米)<動画あり>

死んだと聞かされていた父親と26年ぶりに再会した娘(米)<動画あり>
26年ぶりに父親と娘が涙の再会(画像は『News Channel 5 2018年11月28日付「Family reunites with man thought to be dead 26 years ago」』のスクリーンショット)
離れた場所に暮らす父親の死を知らされた後、何の疑問も持たず過ごしてきた女性。しかし母親の死をきっかけに調べたところ、父親が生存していることがわかった。このほどアメリカで、26年ぶりに父と娘が涙の再会を果たしたことが『Inside Edition』『News Channel 5』などで伝えられた。

ロニー・ルドルフさん(72歳)は妻と別れた後にイリノイ州へ移り住み、その後テネシー州へ引っ越した。ロニーさんの娘ジャニーさんは、父親がテネシー州レバノンのコンクリート工場で働くようになった時にも勤務先に電話をして父親と連絡を取り合っていた。

しかし26年前のある日、ジャニーさんが工場に電話をするとロニーさんは心臓発作で亡くなったと告げられた。当時のジャニーさんは、その言葉を疑うことなく受け入れたという。

「父が死んだと聞かされて信じたので、それが真実かどうか調査しようとは思いませんでした。私も引っ越しをしたり結婚して家庭を持つようになったりして経済的に余裕もなく、父のことに関しては何をどうすることもできなかったのです。」

ジャニーさんからロニーさんの死を知らされた身内の誰もが、その死について疑うことなく事実として受け入れた。しかし4か月前に母親を亡くしたジャニーさんは、ロニーさんの死に対して初めて疑問を抱いた。父親の死亡証明書を探したが、全く見つからなかったのである。「もしかして、父はまだどこかで生きているのでは」―そう思ったジャニーさんは、自身の娘の協力を得て父親を探すことにした。そしてロニーさんがレバノンで生きていることを知り、大きなショックを受けた。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2018年12月4日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。