アルビノビューティーコンテスト開催 参加者らアルビノ狩り根絶訴える(ケニア)

アルビノビューティーコンテスト開催 参加者らアルビノ狩り根絶訴える(ケニア)
アルビノのビューティーコンテスト出場者(画像は『Nairobi News 2018年12月1日付「Tanzanian, Kenyan crowned Mr and Miss Albinism East Africa 2018 – PHOTOS(PHOTO/DENNIS ONSONGO)」』のスクリーンショット)
アルビノとは生まれつき肌や髪、目などのメラニン色素が欠乏、または欠損した症状がでることをいうが、アフリカにも同様の症状を持つ人達がいる。このほどケニアでアルビノの人達によるビューティーコンテストが開催された。『Nairobi News』『The New York Times』などが伝えている。

11月30日の夜、ケニアの首都ナイロビにある「ケニヤッタ国際会議場(Kenyatta International Convention Centre)」にて「ミスター・アンド・ミス・アルビニズム・東アフリカ2018(Mr and Miss Albinism East Africa 2018)」が開催され、アルビノの人達が美を競いあった。

このコンテストはセルフ・ヘルプ・グループ「アルビニズム・ソサエティ・オブ・ケニア(Albinism Society of Kenya、以下ASK)」がウガンダやタンザニアのグループとパートナーを組んで行われ、それぞれの国からアルビノの男女30人が集まった。

大会を開催した、ケニア初のアルビノの議員でもあるASKのアイザック・ムウォラ氏(Isaac Mwaura)は、本大会の目的を「先天的に色素が欠乏しているがゆえに、差別や暴力さらに殺人などに怯えてきたアルビノの人達の尊厳を確認するため」と話している。

アフリカで生まれ育った参加者らは、肌の白さでずいぶん苦労したようだ。タンザニアから来たエリザベス・ジェイムズさん(Elizabeth James)は幼い頃、知らない人にじっと見つめられ、指をさされ、自宅までつけられ始めた。そのため彼女は学校を変えざるを得なかったという。...続きを読む

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2018年12月6日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。