死産した双子の赤ちゃんをゴミ箱に遺棄した26歳母親 「妊娠に気付いていなかった」(タイ)

死産した双子の赤ちゃんをゴミ箱に遺棄した26歳母親 「妊娠に気付いていなかった」(タイ)
死産した双子の赤ちゃんをゴミ箱に捨てた母親の姿が捉えられる(画像は『Mirror 2018年12月4日付「Mum caught dumping stillborn twins in rubbish bin before walking away」(Image: ViralPress)』のスクリーンショット)
このほどタイから、死産した双子の赤ちゃんをドラム缶に遺棄した女性のニュースが飛び込んできた。後に自首した母親は「妊娠していることに気付かなかった」と警察で供述したという。『THE NATION』『Mirror』などが伝えた。

11月30日の午後4時20分頃、タイ中部サムットプラーカーン県のムアン地区で、ひとりの女性が青い大型のドラム缶が並べられているゴミ捨て場に現れ、持っていたビニール袋をドラム缶に捨てると来た方向へと歩き去った。

その日の夜、ドラム缶に捨てられているリサイクル可能なペットボトルを売るために収集にやって来た57歳のトンルン・ケオウォンヒューさん(Thonglun Kaewwonghiew)は、見慣れない白のビニール袋が捨てられていることに気付いた。袋の端に血のようなものがついていたことから不審に思ったトンルンさんがドラム缶の中からビニール袋をつまみ上げると、2つの小さな赤ちゃんが袋からこぼれ落ちた。激しいショックを受けたトンルンさんは慌てて助けを求めに近所に走ったという。

午後8時半頃、通報を受けた警察官が現場に駆けつけ、ゴミ捨て場近辺の監視カメラを確認すると、ビニール袋を捨てた女性の姿が映っており、その女性は近くのアパートに戻って行ったことがわかった。警察は女性の住む部屋を探していたが、その間に女性は警察に出向き自首した。アパートの建物に警察官が入ってくるのを見た女性は、自首するしかないと観念したようで、赤ちゃんの遺体を遺棄したことを認めた。...続きを読む

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2018年12月6日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。